左からブレントン・スウェイツ、中川大志 撮影/伊藤和幸

中川「不思議な感覚ですね。自分であって、自分でないような……」

 世界的大ヒット作品『パイレーツ・オブ・カリビアン』の最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(7月1日[土]より全国公開)で、海賊ジャックの新たな相棒となる青年ヘンリーを演じたブレントン・スウェイツ(27)と、ヘンリーの吹き替えに挑戦している中川大志(19)の夢の対談が実現!  

 ブレントンを目の前に、中川は少し興奮しながら続ける、

中川「収録しているときは、ブレントンさんが現場でどういう空気を感じながら、どういうテンションでお芝居しているのかを常に考えて、そこに自分を重ね合わせながら演じていたんです。こうやって、直接お会いできてうれしいですし、光栄です。本当、めちゃくちゃカッコいい」

 饒舌(じょうぜつ)に語る中川が、日本で“国宝級イケメン”と呼ばれていることをブレントンに伝えると、「そんなに言われていないです」とテレる中川。その様子を見て、大きくうなずきながら笑顔で、

ブレントン「中川くんが出演された映画がオーストラリアで公開されたら、僕が吹き替えを担当したいです。なにかの作品で、共演するのもいいね」

 イケメンふたりの美しい友情が生まれるきっかけとなった、話題作のお気に入りシーンについて聞くと、

ブレントン「映画のクライマックスにあるシーンなんですが、ジャックやヘンリーが海底で追いかけられる場面があるんです。そこに、ある助けがくる。とても大変なシーンでもあったけれど、すごくワクワク興奮するし、人気キャラクターが一挙に集まるという特別な場面なので、とても気に入っています」

中川「僕は、ジャックとヘンリーとカリーナがボートに乗って、サメから逃げる場面ですね。カリーナがドレスを脱いで海に飛び込み、“泳いでいく”と言ったシーンのところでのジャックとヘンリーのかけあいが、すごく好きなんです。ヘンリーのピュアでまっすぐな部分とジャックのユーモアのある感じが、声を入れていても楽しかった」

 今作の見どころのひとつが、どちらも新キャラクターのヘンリーと、ヒロイン・カリーナの恋の行方。映画でジャックが“ムズムズする”と表現した“恋心”を抱くような女性はふたりにとってどんな人か聞くと、

ブレントン「ふつうなら、ガールフレンドですよね(笑)。ただ、カリーナのような強さがあり、目標が定まっていて、敬意もあって、とても知的で、だけど、どこか愉快な感じでユーモアを持っている女性はいいなと思います」

中川「ブレントンさんの気持ち、よくわかります。僕も、自分にないものを持っている、リスペクトできる人が素敵だなと思います」