吉岡里帆 撮影/廣瀬靖士

「ハングリー精神はずっと持ち続けたい。今でも、何か決断を迫られたときは、あえてキツイほうを選ぶようにしてるんです」

 7月9日スタートの日曜劇場『ごめん、愛してる』(TBS系 毎週日曜 夜9時~[初回25分拡大スペシャル])で、ヒロイン・三田凜華を演じる吉岡里帆(24)。2004年に韓国で放送された大ヒットドラマの、日本リメイク版となる。

「お話をいただいたときから作品に対しての愛は芽生えていて、もう目に入れても痛くないくらい(笑)。関わってくれた人たち全員に、後悔をさせたくないと思っています」

 強い気持ちを感じさせる言葉の陰には、初めて小劇場の舞台を踏んだ18歳から今までの経験が。

「20歳くらいのときだったと思うんですけど、なかなか仕事が決まらない中、新人発掘オーディションを15歳や16歳の子たちと一緒に受け続けていました。やっぱり、私だけ浮いちゃうんですよね。誰も私のことなんて見ていないって、自己紹介をしているときからわかるんです」

 大きな仕事が決まるまでは、地元・京都から通う生活を続け、行き来は新幹線を使わず、深夜バス。そんな日々の中、泣いてしまったことも。

「スーツケースがやっと入るくらいの安宿に泊まって、共同シャワーを使ったとき、冷たい水しか出なくて。さらには水圧も弱くて。その水をかぶりながら“何をやっているんだろう”って、不安で仕方なくなっちゃったんです」