凛々しい表情でカメラを見つめるシャバーニ(撮影=山口幸一)

いまだラブコールを送る熱烈ファンの姿絶えず

 ゴリラといえば動物園の人気者だが、森林伐採、肉目当ての密猟などにより絶滅危惧種となった。現在、日本の動物園にいるゴリラはわずか20頭。将来、日本の動物園でゴリラを見られなくなる日が来るかも!?

 そんな状況下、救世主として期待を寄せられているのが、東山動植物園のイケメンゴリラ、シャバーニだ。

 ’07年にオーストラリアからやってきて人気に火がつき、写真集まで出版された。

 今、どうしているのか。獣舎を訪れると、相変わらず妙齢女子が大勢押し寄せるなど、人気はまだまだ健在。確かに、彫りが深く凛々(りり)しくて時折、見せる渋い表情にオトナの男の色気が漂うような……♪ 2頭の子を育てるイクメンとしての包容力も加わり、魅力はさらに増したように見える。

 自然界のゴリラは1頭のオスと複数頭のメスからなる群れを作って暮らす。日本の動物園でも欧米にならって“群れ(家族)展示”を始めたことで、繁殖実績が上がってきた。現在、シャバーニは5頭の群れを率いており、その中に2頭の妻がいる。

 東山動植物園の獣医師・今西鉄也さんによると、

「子どもの面倒はよく見ていますが、母親たちにちょっかいを出してけんかになることも。愛情もあるのでしょうが、観客が増えてストレスがたまっているのかもしれません」

 さすがの最強イケメンゴリラも、2頭の妻以外の女性ファンにまでサービスするのはキャパオーバー?