広瀬アリスと勝地涼 撮影/高梨俊浩

 映画『パワーレンジャー』で吹き替えに挑戦するのは、事務所の先輩・後輩の間柄でもある勝地涼(30)と広瀬アリス(22)。意外にも初共演だという二人に、仕事での葛藤や日常での悩みまでお聞きしてきました!

勝地「名前を見て、最初うちの事務所に外国人が入ってきたのかと(笑)」

 事務所の先輩・後輩でもある勝地涼と広瀬アリスが、映画『パワーレンジャー』で吹き替えに初挑戦!

広瀬「実は共演するのは初めてなんです。公開アフレコと今回の取材でご一緒させていただいたのですが、私が緊張しちゃうタイプなので、先輩には毎回、助けてもらっています」

勝地「アリスはモデルやっていただけあって、写真撮られ慣れているなって毎回、感心しているよ(笑)」

 映画は日本の特撮シリーズ“スーパー戦隊”の英語版ローカライズ。2人にとってのヒーローとは?

広瀬「カッコいいなと思うのは、映画『バーレスク』で主人公を演じたクリスティーナ・アギレラさん。17歳のときに初めて見たのですが、女性が輝いている作品に衝撃を受けて。またアリという役柄で名前が近いこともあり、今でもたまに見返しています」

勝地憧れる役者の先輩はたくさんいるけど、1人挙げるならやっぱり父親。反抗していた時期もあったけど、年齢を重ねたことで当時、父親に言われた言葉の意味を理解できることもあって。“この仕事を続けていくうえで媚だけは売るな。でも可愛がられろ”という父親の言葉は、今では自分のテーマになっています」

勝地涼(手前) 撮影/高梨俊浩

 劇中では普通の高校生がヒーローに変身するけど、変身したい人は?

勝地「絶対にありえないけど、アーティストになって、あのスポットライトを1度浴びてみたい(笑)。知り合いが出ているコンサートを見に行ったことがあるんです。コンサート中に目を合わせてくれたんですけど、なぜかすごくドキドキしました(笑)」

広瀬「共演させてもらった先輩とお話させてもらうたびに、みなさんのような素敵な人になりたいなと思います。ドラマ『愛を乞うひと』で篠原涼子さんと台湾ロケに行ったとき、帰りに4時間ほど隣で仕事からプライベートのことまでお話をさせてもらったのですが、ズバズバと胸に突き刺さるお言葉をいただいて。長い移動時間があっという間に感じるほど、貴重な体験をさせていただきました」