人気番組『沸騰ワード10』(日本テレビ系・毎週金曜夜7時放送)に“伝説の家政婦”志麻さんのライバルとして登場した美人“ギャル家政婦”makoさん。見た目のかわいさはもちろん、3時間で21品作る料理スキルにネットは騒然! 私生活にまつわる憶測も飛び交い、ファンも急増。そんなmakoさんに直撃取材しました。

ギャル家政婦・makoさん

 茶色い髪に、目鼻立ちのしっかりとした顔。家政婦というと“おばさま”なイメージがあるけれど、どう見てもmakoさんは若くて華やか。「結婚していて子どもがいる」「まだ20代前半」などなど、ネット上でプライベートを勘ぐられるのも無理もない。

 そこで、makoさん本人に直撃すると……。

 

「あのmakoさんは、違うmakoさんです(笑)」

 と、なんと開口一番、全否定。ネットでは、お子さんがいるという情報が流れているが真相は?

「テレビ出演後、私に関する情報がいろんなサイトでまとめられていてビックリ! そのサイトのいくつかが、私のブログに《今日は娘がおやすみ》と書かれているから“子どもが最低、1人はいる”としています。でも、そのブログ、私じゃないんです。mako違い(笑)」(makoさん、以下同)

 どこかのmakoさんのブログを彼女のブログと勘違いされたため、“子持ち情報”が出回っているという。ちなみに「Mako Foods」で検索すれば、本物のmakoさんのサイトに到達できる。

 そして、テレビでのキャッチコピーは“ギャル家政婦”。makoさんは本当にギャルなの?

「全然ギャルじゃないですよ(笑)。学生時代も、いたって真面目でしたから。その証拠に、今日はプリクラを持ってきました」

 と、見せられたのは学生時代のプリクラ。

学生時代のmakoさん

 個人的な見解になるが、かなりギャル感が漂っているように思える。失礼ながら、言ってみた。「ギャルじゃないですかっ!」と。

「え! これ、ギャルですか? 私の中では、ギャルじゃないんですけど。今も昔もギャルをやっているつもりはないんですが、なぜかよくギャルだといわれちゃうんですよね(笑)」