誕生して以来、地元の味として受け継がれ、いまなお進化を続けるソウルフードの数々。ボリューム満点の鉄板メニューや見た目も鮮やかなヘルシーメニューなど、“愛しのライス”は日本全国に。

オムライスとトンカツ! 夢のコラボが実現!

■ボルガライス(福井県越前市武生地区)

ボルガライス(福井県)

 オムライスにトンカツをのせ、カレー以外のソースをかけた武生のご当地グルメ『ボルガライス』。オムライスにトンカツ! 圧巻のボリューム感がなんといっても魅力。お腹をすかせた子どもたちが喜ぶこと間違いなしの鉄板メニューだ。

「オムライスの中のご飯や、最後にかけるソースは、お店によって違うので、それぞれのお店で味の変化を楽しめます」

 とは、ボルガライスが好きでたまらない、越前市の職員で結成された『日本ボルガラー協会』会長・ボルガチョフこと波多野さん。トンカツのかわりにメンチカツを出す店、オムライスの中はチャーハンだったりピラフだったりとさまざまだそう。

 30年以上も前に誕生したと言われるその発祥については諸説あり、市内では『カフェド伊万里』『ジャムハウス』『江戸屋』の3店舗が有力とか。名前の由来も謎が多く、はっきりとしたことはわからない不思議な料理ともいえる。

 ボルガライスを提供する店は協会の設立当初、5店舗だった。しかし、地元出身の漫画家・池上遼一氏にポスターを依頼するなどの協会のPRが奏功、知名度も上がり、現在では20店舗以上になった。また最近では、野菜入りあんかけ卵とじにトンカツをのせた中華風のものが登場するなど、それぞれの店が独自の創意工夫を凝らす展開を見せている。