ヤングマガジンの人気漫画をドラマ化した『僕たちがやりました』

 後半戦に入った今夏のドラマ。その舞台ウラを知れば、もっと見るのが楽しくなる⁉︎ 撮影現場から聞こえてきた“ナマの声”をご紹介。真剣に演じる役者たちの素顔をのぞき見!

 まずは、フレッシュな若手俳優が多数集まっている、『僕たちがやりました』(フジテレビ系)。第5話でホームレス役の桐山漣窪田正孝演じる主人公が犯されそうになるシーンでは、

「ふたりがもみ合いになり、半分お尻が出ている状態で寝転んでいるような体勢になったんです。かなりシリアスなシーンにもかかわらず、“見えてる、出すぎ、出すぎ!”というスタッフさんの声で撮影中断。ハラハラする周囲に対して、窪田さんは演技に夢中でどこ吹く風でしたが(笑)」(制作スタッフ)

 若い出演者同士、恋(?)のウワサもあって……。

「1話と5話にゲスト出演した加藤諒さんは、共演者の新田真剣佑さんのことが好きみたいで。“顔がカッコよすぎる~!”と漏らしてました(笑)。撮影の合間には、加藤くんが横目で新田さんを見つめてニヤニヤしたり、手を握ったりしていて。あまりのスキンシップに、“あの2人、もしかして……できてる?”なんて、ボーイズラブ疑惑もウワサされました」(テレビ局関係者)

 大盛況のドラマがあれば、毎クール不調が囁かれる枠で奮闘しているドラマもある。『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)だ。

「フジテレビの日曜午後9時は“大コケ枠”と業界で揶揄されていますが、初回の視聴率は裏番組の『ごめん、愛してる』に肉迫しました。今回は俳優・女優のほかにも“動物”という出演者がおり、レンタルにはかなりの金額がかかります。子役と同様に酷使できず、撮影日程は必然的に毎回タイトになってしまうんです」(前出・テレビ局関係者)