葉山の海岸で遊ばれる3歳のころの眞子さまを写真に収めようとされる秋篠宮さまの姿は普通の“パパ”('95年5月)

 婚約会見を控えた眞子さまは、父・秋篠宮さま(51)とともに東ヨーロッパに位置するハンガリーに「私的旅行」へ発たれた。

秋篠宮さまは8月18日、眞子さまは公務のために1日遅れて19日に日本を出発し23日に帰国される予定です。おふたりでプライベートな海外旅行に行かれるのは'07年のマダガスカル、'10年のラオスに続いて3度目です」(皇室担当記者)

 過去2回の海外旅行では、眞子さまは国際的な視野を広げる目的で地元住民や現地のボランティア団体とご交流。

 今回のハンガリーでは、眞子さまが専門とする「博物館学」にちなみ、同国の博物館収蔵資料の調査や視察も兼ねられていた。

「眞子さまは東欧に縁があり中学3年生のときにハンガリーの隣国のオーストリア・ウィーンに約2週間のホームステイを経験されています。

 ひとりで海外へ行かれたのは初めてで、紀子さま(50)が小学生のころにウィーンに住まわれていた時代の知人の家で生活されました。

 お時間に余裕があれば、思い出の場所に出向かれることもあるかもしれませんね」(前出・皇室担当記者)

 日本となじみが薄いように思われるハンガリーだが、両国の交流は長く、国交を樹立してから約150年がたつ。

 具体的にどんな国なのかを北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター特任教授で『ハンガリー学会』会長の家田修さんが解説する。

「首都のブダペストは“東欧のパリ”と呼ばれ、3000キロの長さを誇るドナウ川は人気の観光スポットです。気候は北海道に似ているので、今の時期は過ごしやすいと思いますよ。ハンガリーは親日の国で、皇室の方々がいらっしゃるときも歓迎ムードになりますね。

 自然も豊かでブダベストから1時間ほど歩けば野鳥の生息地があって観察できますし、『国立博物館』や『農業博物館』などもあるので、おふたりのご研究にもぴったりの場所だと思います」