上段左から時計回りに飯島寛騎、犬飼貴丈、西銘駿、武田真治、菅田将暉、三浦翔平、伊藤英明 写真/週刊女性写真班

 すっかり若手俳優の登竜門となった『仮面ライダー』シリーズ。’15年の西銘駿、’16年の飯島寛騎に続いて、来月スタートの『仮面ライダービルド』の主人公に犬飼貴丈が決定。3年連続ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのグランプリ受賞者が務めることになり、話題を独占中!

 ほかにも『国宝級イケメンランキング』1位に輝いた菅田将暉や、放送中の『僕たちがやりました』&『警視庁いきもの係』でドラマを掛け持ち出演中の三浦翔平など、芸能界ではジュノンボーイ出身俳優が大活躍中。

 イケメンを発掘し続けて30年、今旬俳優が続々……ジュノンボーイ出身者がキテるんです!!

3年連続仮面ライダーに!

●犬飼貴丈(23)

 9月スタートの『仮面ライダービルド』でテレビドラマ初主演。高校時代は陸上部に所属。110メートルハードルでは県大会6位の実績も。

犬飼貴丈 写真/週刊女性写真班

●飯島寛騎(21)

 武田真治以来の北海道出身のグランプリ受賞者。放送中の仮面ライダーシリーズ生誕45周年記念作品『仮面ライダーエグゼイド』で主演を務める。

飯島寛騎 写真/週刊女性写真班

●西銘駿(19)

 芸能界を目指して単身上京。沖縄出身者としては初のグランプリに輝き、『仮面ライダーゴースト』主演に抜擢。単独主演としては、佐藤健と並ぶ史上最年少タイ記録。

西銘駿 写真/週刊女性写真班