愛し合い、一生添い遂げることを誓い合った夫婦なのに、なぜ「不倫・浮気」または「離婚」という道を選ぶ人たちがこんなにも増えたのだろうか。多くの元夫婦が離婚に至った原因を、探偵事務所の女性社長に聞いてみると「5つの理由」が浮かび上がってきたーー。

離婚に至るには5つの理由がある

                ◇    ◇    ◇

 なぜ、将来を誓い合った夫婦が離婚の道を選んでしまうのでしょうか。その理由に迫っていきましょう。私の探偵社で実施した「離婚についてのアンケート調査」(対象者は30歳から49歳の男女233人)の中で、離婚に至った理由は主に以下の5つでした。

(1)「性格が合わない」

 離婚問題から調停や裁判になる際にも、多くの妻がこの「性格の不一致」を理由に挙げます。

 この「性格の不一致」とはどういうことかというと、すばり「コミュニケーション不全」です。当然のことですが、人間はそれぞれ違った個性を持った存在。そもそも完全に性格が一致することはありません。

 では、性格の違いをどう埋めていくか。それには、「コミュニケーション」の頻度と密度を上げていく必要があるのです。コミュニケーションさえ円滑になれば「性格が合わない」「相性が良くない」といった問題は解決し、夫婦の関係性はかなり改善するものです。

「コミュニケーション不全」を乗り越えるには、妻が夫の見方を変えていかなければなりません。夫を受け入れて、向き合い、たとえ「嫌だ」と拒否したいような部分があったとしても、見方を変える。そうすれば、関係は少しずつ修復していきます。

(2)「お金にまつわる問題(浪費や生活費不払い等)」

 金銭感覚は、幼少期から身についたもの。大人になってから、それを変えていくことは一筋縄ではいきません。また悪いことに、日本では他人のお財布事情を探るのを美徳としない文化があります。そのため、付き合っている最中には、彼がどのようにお金を使う人なのか、貯金がいくらあるのかなどはわかりにくいのです。

 長年染み付いてしまったお金の価値観の差を埋めていくのは、確かに大変なこと。しかし、不可能ではありません。共通の目標を持ったり、管理の仕方を工夫したりすることで、そのギャップを埋めていくことはできるのです。

(3)「家事に関する価値観が合わない」

 実際のところ、家事をしっかりやる妻からは夫が離れていかない傾向にあります。そして、たとえ一度離れてしまっても、戻ってくる可能性も高いです。それは男性が「今まで、俺にこんなことをしてくれた」と覚えているからです。「女性は『上書き保存』、男性は『名前を付けて保存』」などというフレーズを聞いたことはありませんか? 

 男性の場合、新しく好きな人ができても、これまでの女性の思い出を大切に保管しているという意味です。ですから、自身が大切にされた印象をしっかり刻み込めるような思いやりを日々伝えていくことが重要です。それが形として見えやすいのが「家事」なのです。忙しい暮らしの中では「たかが料理」「たかが掃除」と思ってしまうかもしれません。

 しかし、夫婦の関係において「家に帰りたくなるような仕組みをつくっておくこと」は重要です。夫が帰ってきたくなる、ほっとする、居心地の良い家を作るためには「『手料理』を甘く見てはいけない」「『絶頂の時代』のツーショット写真を置く」こと。今すぐできることから、ぜひ実行してみてください。