アップル社が主催する今年のWWDC(世界開発者会議)で、最高齢プログラマーとして、ひときわ話題をさらったのは、ひとりの日本人女性。ティム・クックCEOから「どうしても会いたい」と招待された若宮正子さんは、想像を超える、文字どおり好奇心と行動力の塊のような人だった。

若宮正子さん 撮影/渡邉智裕

  ◇   ◇   ◇  

「マサーコー、ワカミーヤ」

 アップルのティム・クックCEOが登壇。親愛の情を込めて若宮正子さんの名を呼ぶ。今年公開されたアプリの開発者で82歳の日本人だと紹介すると、大きな拍手が沸いた。

 6月5日、IT企業がひしめくアメリカ西海岸のシリコンバレーで開かれたアップルの世界開発者会議「WWDC2017」基調講演でのことだ。世界各国から5300人の開発者が集まる年に1度のイベントで、最高齢プログラマーとして招待された若宮さんには、外国メディアの取材が相次いだ

 若宮さんが作ったのはiPhone用アプリ「hinadan(ひな壇)」。ひな人形を正しい位置に置くゲームで、誰でも無料でダウンロードできる。シンプルな内容だが、やってみると五人囃子の配置などうろ覚えで、結構難しい。今年2月24日に公開されると、「81歳(公開当時)のおばあちゃんが作ったシニア向けアプリ」と話題を呼んだ。

若宮さんが開発したiPhone用ゲームアプリhinadan。現在、ゲームの説明文は日本語だけなので、英語、フランス語、中国語などで説明文をつける準備中

 基調講演の前日、若宮さんはクックさんから、こう話しかけられた。

「あなたの存在は、私たちに勇気を与えてくれます」

 若宮さんはhinadanを見せながら説明した。

 年寄りは手が乾いていて指を滑らせるスワイプ操作が苦手なので、画面を叩くタップだけで遊べるようにした。正解・間違いを表す音が鳴るが、耳の不自由な人でもわかるように文字でも表示するなど、工夫した点を話すと、クックさんから質問が相次いだ。

「iPadでは使えないのですか?」

「文字のサイズは小さすぎませんか?」

「私も目が悪いので、大きいほうが助かります」

 世界的企業のトップと直接話した印象を、若宮さんはこう表現する。

なんだか街のパソコン塾の先生みたいなこと言うんだわ、この人はと思って(笑)。初心者の私のレベルに降りてきて、一緒に問題点を考えてくださったところがすごいですよね。

 私のアプリは“今まで1回もスマホに触ったことがない人でも楽しめた”とよく言われますが、クックさんも経営者ですから、新しい顧客層を開拓できるとひそかに思ったんじゃない?」

 実は若宮さん、アップルからの招待を1度断っていた。兄とのロシア旅行の予定と重なっていたためだ。

「断ったのに、どうしても会いたいと言っている人がいるから来てくれと。誰かと聞いたら、クックですと。え~っ、それは行かなきゃまずいでしょと思ったのね」