従来の紙巻きタバコによる副流煙を含む有害物質の低減を実現し、近年大きなブームとなっている加熱式タバコ(たばこベイパー)。最大シェアは早々に全国発売を開始したマールボロ・ブランドを擁するフィリップ・モリスの「IQOS(アイコス)」が占め、同時期発売ながら全国発売が遅れたJTのメビウス・ブランドによる「Ploom TECH(プルーム・テック)」、10月から全国展開するケント・ブランドを擁するBATの「glo(グロー)」が追撃する形だ。

 そんな加熱式タバコの陰に隠れつつも、同様にユーザーが大きく広がっているのが「VAPE(ベイプ)」。本来はアイコスなどが加熱式タバコと呼ばれ、電子タバコという場合はこちらを指す(注:VAPEはブランド名ではなく電子タバコの総称。語源はvapour=蒸気)。

奥が(左から)グロー、プルームテック、アイコス。手前がVAPE2種(左から)マル、フレンバー

 ただややこしいのは、海外ではニコチンを含んだリキッドを吸入するために使われるのだが、日本では薬機法の規制によりニコチンリキッドは販売できない(個人輸入は可能)。つまり、日本で言う「VAPE」はノンニコチン(タールもゼロ)のリキッドを楽しむアロマ機器のような役割しかない。

 VAPE(電子タバコ)自体が、まだ世界的にも普及して5〜6年という若い製品なので、ニコチン、タールの害はないにしても、その他の物質が有害かもしれない可能性は無ではない。ただ普通に考えると、食品レベルの液体を蒸気として吸い込むことのリスクは、本来のタバコ製品を使用するよりは安全性が高いと考えるのが順当だ。いわばタバコというよりも、かつて一世を風靡(ふうび)した禁煙器具「禁煙パイポ」の進化形と考えるべきなのである。

アイコス、グロー、プルームテックなどの加熱式タバコと「VAPE(電子タバコ)」の大きな違い

 従来の紙巻タバコはニコチンを摂取するための嗜好品。ただニコチンを吸収するためにはタバコ葉を燃やす必要があり、その時に生まれる有害物質・タール(ヤニ)を同時に吸い込む必要があった。ニコチンは多量摂取で心疾患の原因となり依存性があることはわかっているが、肺がんなどの重大な疾病に影響を与えるとされているのはタールのほう。このタールは喫煙者としても、別に進んで吸い込みたいものではない。依存しているのはニコチンなのだ。

 そこで登場したのが加熱式タバコ。フィリップ・モリス社がアイコス発売時に提唱したのは、有害物質を9割低減するという「ハーム・リダクション」という考え方。人体に有害であることは前提だが、なるべくリスクを低減していこうということだ。タールが発生しないように、タバコ葉を燃やさずに気化したニコチンを吸入するアイコスはそうして誕生した。200度以上の高熱を発するブレードを内部に仕込んで、タバコ葉を蒸らす。グローもブレードではなく周囲からの加熱だが、同様の方式である。

 プルーム・テックだけは少々違っており、VAPEにかなり近い構造をしている。蒸気を発生させた後、細かく刻んだタバコ葉の入ったたばこカプセルを通過させることによって、ニコチン吸入が可能になる。ただ温度が50度程度と低いので、アイコス、グローのような蒸した匂いはほとんどない。仕組みが似ているので、「VAPE」にアダプタを取り付けて、プルーム・テック用のたばこカプセルを使用しているツワモノもいるようだ。

 VAPEは単純にいうと、防腐剤として医薬品や弁当などの食品にも使われているPG(プロピレングリコール)と保湿剤として薬局でも販売されているVG(植物性グリセリン)をベースに香料を混ぜたリキッドを、VAPE内部のコイルで電気加熱して気化させ、蒸気を発生させ吸入、香りを楽しむもの。

 もちろんリスクゼロとは口が裂けても言わないが、コンサートに行った時に演出として焚かれる“スモーク”と同じようなもの。特定疾患などでアレルギーが出る可能性もゼロではないけれど、あまり深刻に考えすぎるほどの毒物ではない。

VAPEはタバコの代替になり、禁煙・減煙に役立つのか?

 アイコス、グロー、プルーム・テックはタバコ依存の原因となるニコチンを含んでいる。従来の紙巻タバコからそうした加熱式タバコに変えたとしても、タールは減ってもニコチンは摂取し続けることになる。

 しかし、VAPEはタールどころか、ニコチンも含まない。切り替えることができれば、ニコチン・タールを摂取しないことになり、事実上は禁煙と同じとなる(蒸気にその他の有害物質が含まれている可能性もあるが、現状では歴史が浅く“わからない”というのが適切)。

 欧米ではVAPEユーザーは禁煙率が高いと報じられもしているが、そもそもやめたい人が切り替えている可能性も大きいので、正当性はいささか疑問。それでも減煙・禁煙に役立つ可能性はある。