成田凌、新木優子 撮影/伊藤和幸

新木「現場は想像していたよりも、ずっとリアルなものでした。初療室のシーンでも、うしろにいる看護師さんたちがせわしなく動いていて。その動作やタイミングも、細かいところまで計算されているんです」

成田「セットも病院そのものなんですよ。先生もいるし、医療器具もそろってるし、もう何かあっても大丈夫(笑)!」

 高視聴率をマーク中の月9『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系 毎週月曜 夜9時~)の収録スタジオに潜入! 2階建てに組まれたセットは、手術室にロビーにナースステーション、エレベーターに階段……と超リアル。

 そこではどのように撮影が進められ、どうドラマが生まれていくのか――。今シリーズよりフェロー(フライトドクター見習い)役としてキャストに加わった成田凌(23)と新木優子(23)を、撮影の合間に直撃インタビュー。

新木「私が演じるあかりは女子力が高くて。ヘアメイクに1時間ほどかかるので、現場に入るのはいちばん早いことが多いです」

成田「寝る時間も惜しんでね」

新木どんなに激務が続いても、かわいさを守っていて。ヘアピンも何種類かあって、靴も女の子らしいものだったり“これだけは”っていう彼女なりのこだわりがあるんです

成田それに比べて、僕はこの寝癖ヘアですから。現場に向かう車内では、寝癖がつくように頭をシートに押しつけています(笑)

 1stも2ndもリアルタイムで見ていたという2人にとって『コード・ブルー』はまさに憧れの作品。

 実際に“ドクターヘリ”にも乗ったと、興奮ぎみに語る。

新木「私がフェローの中でいちばん最初に乗らせていただいたんです。そのとき、比嘉(愛未)さんも一緒で」

成田「比嘉さんの安心感はとてつもないよね(笑)」

新木「うん。実はヘリ自体あまり揺れたりもしなくて。重みがあって、ずっしりとした乗り物のイメージがあったんですが、思っていたより“軽やか”でした」

成田「演出的にちょっと斜めに飛んだりすることがあるんです。そのときだけちょっと怖いかな。僕は昨日も乗ったんですけど、やっぱり緊張しますね。あの中で何人もの人を助けたり、助けられなかったり……。いろんな意味でパワーを感じます」