横山だいすけ 撮影/齋藤周造

僕はとにかく学校が大好きな子どもでした。夏休みなのに、先生に会いに学校へ行っちゃったり。いたずらっ子でよく怒られていたんですが、例えば、宿題のドリルを半分しかやっていなくて先生に“来なさい”って呼び出されても“は~い!”って元気よくついていく、そんな子でしたね(笑)

 NHK『おかあさんといっしょ』のうたのおにいさんを、惜しまれながらも卒業した横山だいすけ(34)。現在放送中の『警視庁いきもの係』で連ドラ初出演を果たすなど活躍の幅を広げている彼だが、『映画くまのがっこう&ふうせんいぬティニー』では、主題歌に初挑戦!

「“親から子どもへ”というメッセージが込められているんですが、僕は親になったことがないのでどう表現するのが正解かわからなくて。じゃあ、まずは親が自分にしてきてくれたことをきちんと受け止めようと思ったんです」

 この機会に、母に昔のことを尋ねてみたという。すると――、

「“あんたは小さいころね~”から始まり、1聞いたら100返ってくる勢いで(笑)。大切にされていたんだなって思いました。同時に“そうだった、こんなことしてもらったな”って、心の片隅にあったものが甦ってきて。子どもたちが大きくなってこの曲を聴いたときに、ふと昔のことを思い出すような、そんな存在になってもらえたらうれしいです

 “僕を選んでくれた以上、150%の本気を出したいです”と笑顔を見せる横山。いつも明るく前向き。そんな彼の存在に励まされる子育て中のママたちも多い。その元気の源は?

もちろん落ち込むこともあります。でも、僕は歌っているときがいちばん幸せで。好きなことを仕事にできているのと、子どもたちと関わることで自然と笑顔になれているんだと思います。

『おかあさんといっしょ』は親御さんも見てくれる番組なので、いろんな世代の人たちにも純粋に笑ってもらえるような番組にしたくて。人を喜ばせたいっていう気持ちの中で、だいすけおにいさんというキャラクターが生まれて、それがそのまま横山だいすけの性格の一部になったんです」