渡米前、不倫騒動で会見を行った渡辺謙。会見中に“世界のワタナベも~”とレポーターにも称されたように、ハリウッド映画やアメリカでの舞台に多数出演している。ほかにも、多くの役者が海を渡って活躍しているが、はたして現地の評価は? 外国人による、日本人俳優の、日本人が知らない本当の評価とは──?

(左上から時計回りに)真田広之、渡辺謙、菊地凛子、千葉真一、役所広司、工藤夕貴

  ◇   ◇   ◇  

「しばらくアメリカに行かなければいけないこともありますし、その中でどうしていくかっていうことなんじゃないでしょうか」

 7月中旬、不倫報道に対する会見で芸能レポーターから「自宅に戻るか?」と問われ、こう答えたのは俳優の渡辺謙。「現在、謙さんはハリウッド版『ゴジラ』の撮影で渡米中。会見後、その足で空港へ向かったといいます。芸能レポーターが“世界のケン・ワタナベも~”と問いかけた場面がありましたが、近年では海外での活躍も目立っていました」(芸能レポーター)

 ’03年に公開されたアメリカ映画『ラストサムライ』に出演すると、アカデミー賞の助演男優賞などにノミネートされ、一躍脚光を浴びた渡辺。’15年にはミュージカル『王様と私』でブロードウェイの舞台を踏んだ。現地で鑑賞した映画ライターの今祥枝さんは彼の演技をこう評価する。

「驚くほどに堂々としたチャーミングな王様像で、観客にも愛されていました。顔だちや表情の作り方も大きくてわかりやすく、英語の訛りがある役だったので違和感もありませんでした。米演劇界で最も権威のあるトニー賞候補にもなり、ブロードウェイに挑戦した日本人として、意義があると思います」

 最近ではローラが昨年12月に公開されたハリウッド映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』に出演したが、かつての工藤夕貴松田優作など、海を渡って世界へ羽ばたいていった役者は多い。しかし現地の評価はあまり日本には届かない。

「日本では役者ひとりがハリウッド進出すると大々的に報じられますが、アメリカでは日本人のハリウッド進出は“現象化”しているわけではないんです。現地在住の“日系人”のほうが扱いやすい部分もありますから」

 こう語るのは、放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏。というのも、日本人がぶち当たる“言語”の壁は想像以上に高いからだ。

どんなに頑張っても、演技以前に発音の悪さとイントネーションの不自然さが耳についてしまうんです。何を言ってるかまったくわからないと、興ざめですよね。そうなると、発音に不安のない日系人のほうが安心。渡航費も、ビザの問題もクリアですからね」(デーブ氏)

 前出の今さんも“ハリウッドの常識”についてこう語る。

「日本人のキャラクター設定であっても、日本人ではない英語ネイティブのアジア系アメリカ人が抜擢される、あるいは日本人ではない設定に変更されるというのがアジア人にとっての壁。近年はダイバーシティ(多様性)が叫ばれているため日本人も活躍の場を得られつつあるものの、まだまだアジア人枠は役そのものが少ないのがネックです」

 私たちが思っている以上に、米国内では話題になっていないこともしばしばあり、

よっぽど日本に興味がある人でないと、日本人スターのことは知らないですね。渡辺謙さんのことも、写真を見れば顔はわかるかもしれませんが、名前や出身国までは結びつかないかもしれません」(アメリカ在住の日本人女性)

「“全米が泣いた”というキャッチコピーも、ニューヨークやロサンゼルスなどの都市部に限ったことで、田舎ではまるで話題になっていないことも。温度差は否めませんね」(現地通信社記者)