宝塚の舞台を疑似体験!

 憧れの宝塚のキラキラした舞台に立ってみた~い♪ と、夢見たあのころ。なんと、そんな夢を叶(かな)えてくれるタカラジェンヌになりきれちゃうフィットネススタジオが登場した。今年6月にオープンした『ジェンヌスタイル』(東京・池袋)は、インストラクターが全員、元タカラジェンヌという日本初のスタジオ。ジャズダンスやバレエなど21のプログラムがあり、インストラクターは13人。

元タカラジェンヌが教えるダンスやフィットネスなので、どのクラスも宝塚の精神が入っています

 と、統括プロデューサーの初嶺麿代(はつねまよ)さん。

 オープンから3か月で会員数は100人を超え、続々と増えているという。約8割が宝塚ファンで、ほかは舞台やミュージカルが好きな人、フィットネスを楽しみたい人が入会している。

10代から60代まで幅広い年齢層の方がイキイキとレッスンしていますよ」(初嶺さん)

 日曜日に開催するプレミアム企画は特に人気で、トップスターによる講座もある。

 というわけで、アラフィフ記者が、はやせ翔馬さんが講師の“シャンシャンで宝塚レビュー体験”に挑戦!

本物と同じ長さのリボンをつけたシャンシャンでフィナーレを満喫!

 シャンシャンとは、宝塚ファンならご存じだが、舞台のフィナーレで手にする小道具のこと。

「このシャンシャンは、本物と同じリボンの長さになっています」

 と、はやせさん。元男役だけにスラッとしてカッコいい~♪

宝塚流のノウハウをたっぷり教えてくれた、はやせ翔馬さん。立ち姿がカッコいい!

 シャンシャンの持ち方、歩き方、立ち方を楽しいトークを交えてレクチャー。

「首筋をすう~っとのばして、シャンシャン♪」(はやせさん、以下同)

 鏡に映る自分が、なんか、いつもよりキレイ! ステップは、ボケが入ったアラフィフの頭でも覚えられる。実際の舞台で使われた音楽をあわせて……レッツ! ダンス。

「上手(かみて)のお客様にごあいさつ、舞台のソデに入って、銀橋に出てきます」

 うわ~、ホントに舞台のリハーサルをしている気分。

「さあ、トップスターが出てきますよ」

 宝塚の舞台の名物、大階段の幻が見える! 羽をつけたトップスターがまるで、大階段を下りてくるのが見えてくるようだ。いい気分になって、フィナーレを終えました! 達成感が半端ない!