綾小路きみまろ 撮影/和田咲子

 “あれから40年”のフレーズと毒舌ぶりで、中高年に大人気の漫談家・綾小路きみまろ(67)が、メジャーデビュー15周年を迎えた。年間100本、チケット完売のトークライブをこなす遅咲き芸人は、3年後に古希を迎える。ファンとともに中高年の階段を駆け抜けてきた本音とは──。

森進一や伍代夏子らのステージで司会を務めることが多かった

「自分を振り返るのは、けっこう難しいですね。30年、潜伏していましたから……。ブレイクして一生懸命でした。気がついたら15年。(周囲に)言われて初めて気づく感じですかね」

 “あれから40年”のフレーズでおなじみの漫談家・綾小路きみまろが、メジャーデビュー15周年を迎えた。中高年にまつわる“あるある”をネタにした、毒舌ぶりで人気を博し、現在も年間100公演のライブをこなし、忙しい日々が続いている。

芸人のなかには売れて2、3年もたつと、“あの人はいま”みたいになっちゃうのもいるけど、そういうことを言われることもなく、ここまでできたのは、ファンやみなさんのおかげですね。芸能界では、10年売れれば成功と言われるので、15年続いたのは、大成功だったのかなと思います

 “久々のファンデーション、落ち着く先はシワの中”“若いころふたりはラブラブだよ。いまはデブデブ”“5人集まればお寺の話。潤んだ瞳に輝く目ヤニ”“あの日の、あのプロポーズ、あの日に帰って断りたい”といった、爆笑ネタは尽きない。そうしたネタの数々は、毎回、ライブ公演を録音し、聞き返しては、修正するなどブラッシュアップしてきた。

「植物にたとえたら、宿根草です。根元は変わらず毎年、小さな芽を出し、花が咲く。冬になったら、枯れて、春に新しい芽が出る。そして根は、だんだん太くなっていく。たぶん、そうやって(ネタを)育ててきた15年だったとも言えます」

 メジャーデビュー前の30年に及ぶ潜伏期間では、漫談家としてよりも、森進一や伍代夏子らのステージで司会を務めることが多かった。

「そのころは、ひょっとして、(メジャーになって)世に出られるんじゃないか、そういう目に見えないものが身体の中にあって、何とかなるだろうという気持ちでやっていました」