氷川きよし  撮影/廣瀬靖士

「うわ〜、すごい! ありがとうございます」

 9月6日に誕生日を迎えた氷川きよしと、40本の真紅のバラ。

「あっという間ですね。40年、健康で生きてこられたことに心から感謝しています。ちょうど折り返しというか、あと倍で80歳じゃないですか? やっぱり、悔いない人生にしたいなと思いますね」

悩まないと成長はない

 40歳といえば“不惑”。感慨もひとしおなのでは?

「もう、迷いはないです! というか、なくなりましたね。小さなことは全然気にしなくなりました。いつもナチュラルで、仕事でもプライベートでも、差のない自分でいたいなと思っています。若いときは“氷川きよしを作ろう”と、頑張りすぎたときがあったような気がします。もちろん、人間はやっぱり悩まないといけないし、悩まないと成長はない。また、人の中でしか成長はできないと思うんです」

 若いときは、誰もが“なめられたくない”と虚勢を張ってしまうものだが、

「自分を偉く見せようとか、カッコつけようとか、見栄を張ろうとか。全然必要ないと思うようになって、すごく楽になりました。お世話になった平尾昌晃先生も、先生のほうから“氷川くん、久しぶり! 元気? 頑張ってるね〜。偉いね〜”って、いつも声をかけてくださって。やっぱり、自分もそういう振る舞いができる人になりたい」

 年齢を重ねるほど、向上できる人生でありたい――。穏やかにそう語る。

「若いときって、それだけで許されることもありますよね。僕も“若いのに演歌歌ってて、偉いね”と、よく言ってもらってました。でも、僕だっていつまでも同じ場所にはいられない。やっぱり年相応に変わっていかないと。もちろん、変わってはいけないものはココ(胸の中)にちゃんとありますよ」