コストコで本当にオトク買いができるのかを今改めて考えてみる(写真:尾形文繁)

 2017年9月1日、コストコ浜松倉庫店がオープンした。日本国内ではこれが26店目となる。

 コストコホールセールの日本での初出店は1999年というから、18年も前にさかのぼるわけだ。有料会員制をとり、大量の商品がうず高く積まれた倉庫型の店内を、巨大カートを押して買い回るスタイルをテレビで見た時は、アメリカ式の大量投下・大量消費の物珍しさはあったが、日本の消費マインドに合うのかといぶかしく思ったものだ。

 しかし、根強いコストコファンに支えられ、18年過ぎた現在も休日はどこも混雑しているという。コストコを利用するには年会費4400円(税抜)も払うというのに、だ。

 クレジットカードの年会費すらなるべく払いたくないという声が多いのに、不思議ともいえる。それだけの金額を出しても会員になるメリット、つまりオトク買いができるのか、今改めて考えてみたい。

この連載の記事一覧はこちら

ディナーロールはまるでサンタクロースの袋入り

 コストコの特徴は、なんと言っても販売単位が大きいことだ。誰もがカートに入れている人気のディナーロールは、サンタクロースが抱えているような大袋に36個も入っている。

 洗剤もドラッグストアでは見かけない大容量パックだし、トイレットペーパーだって車のトランクをずっぽり占拠しそうなパッケージだ。そして、いつもの買い物とは圧倒的にボリュームが違うのが食肉で、キロ単位のパックをどんどんカートに入れている家族が多いことにあぜんとする。

 筆者は、トク値ウオッチャー・節約愛好家としても活動しているので、これまで多くの激安店を見てきたし、地方に赴けば必ずスーパーに立ち寄り、現地価格をチェックするようにしている。そういう目から見ると、コストコが必ずしも最安値(年会費分も含め)とは思えなかった。