4横綱が揃ったお台場巡業。左から、稀勢の里、日馬富士、鶴竜、白鵬(撮影/横野レイコ)

 10日から始まった大相撲9月場所。

 横綱・白鵬、鶴竜、稀勢の里の3人が残念ながら休場で寂しい気持ち反面、ケガをしっかり治して来場所に備えて下さい! そして強い横綱たちがお休みしている間、伸び盛りの若手たちが場所を盛り上げてくれるのを期待してます! と、相撲を愛する相撲女子、略して「スー女(すーじょ)」な私たちは、波乱の場所も思いきり楽しむつもりだ。

30年力士にマイクを向けるスー女界の横綱

 そんな相撲への熱い思いをたぎらせるスー女界、その横綱と呼べる女性を紹介したい。横野レイコさん。もし、お名前にピンとこなくても、お顔を見たら「あっ」と誰もが思うはず。

 フジテレビのワイドショーなどで30年以上にわたって大相撲を伝えてきた相撲リポーターだ。若貴ブームのときも、朝青龍の一連の騒動のときも、つらい大相撲八百長問題のときも、そして今の大ブームのあらゆる場面でも、横野さんは力士にマイクを向け、その声を届けてきた。大関や横綱昇進の伝達式、悲しみの引退会見など、常に相撲の現場には横野さんあり、そう言っても過言ではない。

「元々は『3時のあなた』という番組のリポーターになったんですが、その一年後に旧・藤島部屋のパーティーがホテル・ニューオータニで開かれるという、新聞の小さな記事を見つけたんですね。プロデューサーに『これに行きませんか?』と提案して取材に行くと、そのパーティーが若貴(若乃花、貴乃花)の入門発表の場だったんです。

 当時はワイドショー全盛時代で、スター大関の息子である若貴が、大相撲の番付を駆け上がっていくことに魅せられ各局が取材するようになり、以来、私もフジテレビの若貴担当みたいな感じになりました」(横野さん・以下同)

 学生時代からの大の相撲ファンで、歌手の高田みづえさんと結婚した大関・若嶋津の“追っかけ”もしていたというスー女っぷりがまぶしい横野さん。相撲リポーターとして初志貫徹、相撲愛にあふれ、相撲まみれな毎日を送る。