男の子趣味をほほえましく見られるうちはいいですが、行き過ぎるとドン引きしちゃいますよね
 普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 男女のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)! 数字はウソをつきませんよ♪

オタク趣味は定着したけど、それでも女性の目は——

 アニメやマンガなど、オタク文化はすっかり定着した印象ですよね。女性でも「好き」という人もいます。とはいえ、オタク趣味が激しい人を好きになれるかといったら……ちょっとハナシが変わってくるかもしれませんよね。

 いったいどのあたりがアリ/ナシの境目なんでしょうか。というわけで20〜30代の女性200人に、アンケート調査を行ってみました!(協力:アイリサーチ)

■女性が許せるオタク趣味ランキング
(16項目から複数回答)

1位 映画オタク 62.5%
2位 マンガオタク 56.0%
————許せなくなる過半数ライン————
3位 クルマオタク 47.0%
4位 アニメオタク 44.0%
5位 パソコン/ITオタク 43.0%
6位 ゲームオタク 40.0%
7位 鉄道オタク 35.5%
8位 飛行機オタク 34.5%
9位 バイクオタク 34.0%
10位 プラモデル/模型オタク 25.5%
11位 アイドルオタク 25.0%
12位 ミリタリー/サバゲーオタク 21.5%
13位 特撮オタク 18.5%
14位 フィギュアオタク 18.0%
※ランク外 「許せるものはなにもない」10.5%

 残念ながら、女子の半数以上が「アリ」と感じるオタク趣味は、「映画」と「マンガ」のみということになりました……。

 もちろん趣味は個人の自由だし、好みで人を判断するわけではないでしょうけど、こと“恋愛”に関わってくると、女性はけっこう辛口のご様子です。

 また「許せる」が5人に1人(20%)以下という特に不評なオタク趣味は、「特撮」と「フィギュア」。どちらも詳しくない人には深掘りがしにくく、男性に愛好者が多いジャンルですが、それだけに女性の理解を得るのはなかなか難しいのかもしれません。

 とはいえ「全部NG」は10.5%と少数派。でも許せるレベルはけっこうライトという、女性のシビアなオタク許容度が浮き彫りになりました。