夢を叶えた河野悦子が仕事と恋愛で大ピンチ!?

 昨年秋、連続ドラマで放送され平均視聴率12・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした、人気作がスペシャル『地味にスゴイ! DX校閲ガール・河野悦子』として復活(日本テレビ系 9月20日 水曜夜9時~)。

悦子を演じる石原さとみ。(c)日本テレビ

 悦子を演じるのは、石原さとみ。実力派女優として引っ張りだこの石原だが、連ドラ後、今回のデラックス版までの間、奇跡的に映画やドラマなどで、ほかの役を演じていなかった。

「そのため石原さんは、わりとすぐに悦子のキャラクターを取り戻せたそうです。石原さんが悦子になっているから、ほかの共演者のみなさんも、自分の役を取り戻しやすかったよう。撮影初日から、誰もが迷いなく演じているんです

 と、小田玲奈プロデューサー。バラエティー出身で念願叶(かな)ってドラマ部門に異動になった小田Pは、悦子に自分の姿を重ね合わせていたそう。

「連ドラの最後のほうでは、悦子は完全に石原さんに取られていましたけれど(笑)。“悦子ならこう動く” “この考え方は悦子っぽくない”と、誰よりも悦子を理解しているんです。今作の冒頭のシーンは、悦子らしさが炸裂(さくれつ)。連ドラを見ていなかった方にも、悦子がどんなキャラかわかるような楽しい場面になっています。そして、ラストの設定には、石原さんのアイデアを採用しているんですよ」(小田P、以下同)

 撮影は快調に進んだが、企画段階では試行錯誤があったそう。

「連ドラの最後は、悦子は校閲という目の前の仕事を頑張り、ファッション雑誌『Lassy』の編集者になるチャンスを見送りました。夢を叶えさせてあげたかったけど、悦子は校閲者として物語を終わらせたかったんです。今回、スペシャルでは、校閲者だけど夢をあきらめていない悦子を描くと、同じような展開になってしまう。悩んでいるうちにふと、悦子はすでに編集者になっていればいいんだと思いつき、“これなら、いける!”と

 そんな経緯で、悦子は念願叶って憧れの『Lassy』編集者になり、1年が過ぎたところから始まる。仕事はやりがいがあり、恋人の幸人(菅田将暉)との交際も順調。充実した毎日を送っていた。しかし、悦子は『Lassy』にやってきたスゴ腕の新編集長・二階堂(木村佳乃)と衝突。期待された功績を残すものの、クビを言い渡される事態に発展していく。

 一方、作家活動を続ける幸人には彼の大ファンだという新人編集者の花恋(佐野ひなこ)が担当に。幸人と若くて可愛い花恋の急接近に、悦子は気が気でない。いったいどうなる?

 お仕事&恋愛に加え、悦子の古巣・校閲部のメンバーが活躍する謎解きまであり、見どころも多い。

悦子は校閲部のメンバーと“事実確認”の旅に出ることに。謎解きのような展開が……。(c)日本テレビ