有村架純 撮影/伊藤和幸

本当にたくさんのシーンを撮影してきましたが、今ふと思い浮かぶのは、島谷さん(竹内涼真)との恋愛からお父ちゃんが見つかるまでの、16週から18週にかけてですね。5月から6月あたりで撮ったんですけど、ギュッとまとめての撮影で、自分の集中力も切らせたらいけないし、濃かった1か月弱だったという印象があります」

 と、ヒロインを演じた朝ドラ『ひよっこ』を振り返る有村架純(24)。

「週の初めに島谷さんと付き合うシーンを撮り、仲よくしていたら金曜日にはもうお別れのシーンを収録なんてことも(笑)。すごく感情の起伏が激しくて、精神的な面でつらかったです。

 そのうえ、お別れしたあとにお父ちゃんが見つかって、感情がぐちゃぐちゃになって……。監督ともお話ししたんですが、世津子さん(菅野美穂)とのシーンは、みね子がいちばん人間らしく感情をぶつけるので、すごく大事に撮ってくださったなと思います」

 そして記憶をなくした父・実(沢村一樹)が奥茨城の田んぼを前に、家族と新しい人生に向き合う決意をする名場面につながっていくのだが――。

あの田植えのシーン、5月にロケで撮影しなくてはならなかったので、お父ちゃんが奥茨城に帰ってくる過程はだいたいの流れをお聞きしただけの、台本が上がる前の撮影でした。でも、ふたを開けてみたらすごく濃い内容で(笑)。視聴者の方は気がつかないかもしれませんが、演じていた側だと“こう演じておけば”という後悔は少しありました