佐藤二朗 撮影/近藤陽介

『週刊女性』って俺が飲んでいるの撮ったところだよね?

 開口いちばん、本誌記者に逆取材してきた佐藤二朗(48)。8月に本誌が報じた関ジャニ∞・村上信五との“密会”報道にこだわるのは役づくりの影響!? 週刊誌を舞台にしたドラマ『ブラックリベンジ』では編集長役を熱演中!

個人的には週刊誌はグラビアを見るぐらいかな(笑)。スクープする側はいろいろ言われることも多いですが、批判があっても編集長なりの理があるから、必死にスクープを追っているのかなと思いながら演じています」

『週刊文春』の元記者で、現在はコメンテーターとしても活躍する中村竜太郎氏が監修を務めるとあり、リアリティーある内容になっているとか。

台本を読んで、“いかにも編集長みたいな衣装じゃないほうがいいんじゃない?”って提案したんです。そしたら中村さんも、実際の編集部は動物園のようにいろんな髪型やファッションの人がいると教えてくださって。編集部員の中には自前のカラフルな衣装で演じている役者もいるんですよ」

 ちなみに元週刊誌の記者と接してみた感想は?

監修を担当する中村さんはとても誠実そうな方だったので、驚きました。スクープを追う側は、本人が誠実でないとできないのかもしれませんね

 名バイプレーヤーとして活躍する佐藤にも、マスコミを目指した時期があったそう。

「出版社は受けていないけど、テレビ局と代理店はたくさん受けましたね。子どものころから根拠もないのに役者になると思っていたけど、一方で役者だけで食えるわけもないと思っていたので、生活のために就職しよう、土日の余暇で趣味で芝居しようと。でもメーカーだと地方勤務もあり、趣味でも芝居するなら東京、東京で働けるのはマスコミ、という不純な動機でした(笑)」

 そのため、学生時代にアルバイトを経験したことのある営業職で就職活動を開始する。

「テレビ局って制作希望が多いから営業で受けると不思議がられるんです。それで素直に“実は役者をやりたくて、週末はその活動をしたい”って答えたら、全部落ちましたね(笑)。そうそうこないだ『誰だって波瀾爆笑』に出たときに25連敗したってボードに書かれちゃったんだけど、正確な数は覚えてないからその数は適当。ネットニュースにもなってしまって、どうしよう……って(笑)