有村架純 撮影/廣瀬靖士

最近、デビュー当時のことをよく思い出すんです。“あんなことで悩んでいたな”“こんなことを思っていたな”って。朝ドラの撮影が大変でくじけそうになったときも、(デビューした)当時は想像してもいなかった環境が今あるんだよって、その“ありがたみ”を自分に言い聞かせては乗り切ってきました」

 先週最終回を迎えた朝ドラ『ひよっこ』でヒロインを演じきった有村架純(24)。ここ半年間、毎朝お茶の間に元気を届けてきた彼女だが、映画『ナラタージュ』では、妻帯者の教師・葉山(松本潤)との“許されない恋”に落ちる女子大生に。濡れ場にも挑戦するなど、体当たりの演技が話題を呼んでいる。

「こんな大人な恋愛モノに出させていただけるとは思っていなくて。どちらかというと正統派な役が多かったので、これまでと違うタイプの女性を演じられることは“楽しみ”でもあったんです

 だが、実際に役に入ってみると、苦しさがこみ上げることも。

「(演じた)泉は葉山先生のことを思い続けていて、でも葉山先生は泉をどう思っているのか気持ちが全然つかめなくて。“言葉のキャッチボール”ができないんです。こっちがストレートボールを投げても、違う方向に投げ返してくる。そんな相手を思い続けるなんて、わかり合えないというか、すごく苦しいと思うこともありました」

 もし、そんな“狂おしい恋”をしている友達がいたら?

「う~ん……。後悔だけはしないでほしいな。当たって砕けても後悔しないなら、思い続ければいいと思うんです。でも“なんでこんな人を好きになったんだろう”って少しでも思うなら、やめたほうがいいよって伝えると思います(笑)

 先の見えない恋、ぶっちゃけどう思う?

「なんだかハッキリしないな~って(笑)。宙ぶらりんで、すごくもどかしいなって思いました。泉が寝込んだときに葉山先生が優しく看病してくれるシーンがあるんですが……なぜかムカついちゃって(笑)。心の中では“なんなんだろう、この人”って。やっぱり女性は愛されているほうが幸せだと思うんです」

 有村が愛してやまないものは?

戦隊ヒーローものの『五星戦隊ダイレンジャー』が好きなんです。ちょうど私が生まれた年の1993年のもので、リアルタイムでは見ていないんですけど、レンタルして何十回も見ました。語りだしたら止まりませんよ!(笑)