綾瀬はるかが初の主婦役に挑戦! (c)日本テレビ

金城作品初の女性主役! “欲望の解放”がテーマ

 綾瀬はるかが、水曜ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系 水曜 夜10時~)で初の主婦役に挑戦する。しかも、ふつうの主婦ではない。演じる伊佐山菜美は、家事全般は苦手だが、正義感が強く、怒らせると超キケン。主婦仲間のピンチに駆けつけ、悪を成敗するのだ。

“キュートで明るい”と“強くてカッコいい”をあわせ持つ、日本のドラマではあまり見かけたことがない役どころです」(綾瀬)

 脚本は、『SP 警視庁警備部警護課第四係』シリーズ、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』などアクションドラマの名手・金城一紀。制作の経緯について、枝見洋子プロデューサーはこう話す。

金城さんは以前から、女性が主人公の作品を考えていたんです。タフなヒーローに匹敵する魅力的な女性の主人公を考えたとき、演じられるのは、綾瀬さんしかいないと思いました。可愛らしいイメージの綾瀬さんですが、実は、凛(りん)とした強さ、カッコよさも垣間見えるんです。今回、“カッコよさ”の部分で、アクションにも挑戦してもらっています。

 綾瀬さんの身体能力には驚きましたね。綾瀬さんに武術、カリ・シラットの指導をしている金城さんも“こんなに身体の動く女優さんは、いないんじゃないか”と、おっしゃっていました」

 男性主役によるこれまでの金城作品では、爆破シーンやとび蹴りなど、派手なアクションが話題になったが、今作では足技、寝技が中心。激しさより美しさ、しなやかさが際立ったアクションに。

 天涯孤独な菜美は、かつて特殊工作員として暗躍していた。しかし、家族や温かい生活を求め、名前と過去を捨てた。そして、合コンで一目惚れした伊佐山勇輝(西島秀俊)と結婚。セレブな主婦の隣人、大原優里(広末涼子)、佐藤京子(本田翼)とも仲よくなった。過去については、夫にも友達にも秘密。平穏に暮らしていたが、DV、ストーカーなど、主婦たちが抱える問題に遭遇すると、彼女のなかの“正義”が動きだす。“わたしが助けてあげようか?”と、手を差しのべ、自らの危険も顧みず、悪に突進していく。

第2話(10月11日放送)では、着物教室でセクシーな夏希(高岡早紀)と知り合いに。(c)日本テレビ

「家庭に入り、社会における自分の存在理由がわからなくなっていたり、閉じ込められていたりする感覚を持っている専業主婦の方もいるようです。金城さんは、“欲望の解放”を今作のテーマにしています。モヤモヤしながらやり過ごしていることは誰にでもあると思いますが、菜美がその“モヤモヤ”を痛快に晴らしていきます!」(枝見P、以下同)

 主婦の悩みについては、金城自身が取材を重ね、リアルさを追求している。