「送料無料」を掲げるネット書店の隆盛で、書店数の減少が叫ばれる昨今。書店ゼロの自治体が2割を超えるなか、「地域の人々のために」をテーマに、独自の取り組みで奮闘する“街の本屋さん”がある。

書店のない地域に本を届ける「走る本屋さん」

本を載せたワゴン車で道内を駆け巡る

 秋晴れがさわやかな日曜の朝、北海道・鹿部町の道の駅に、ポップなイラストがプリントされたワゴン車が到着した。運転手が車から取り出したのは大きな本の山。道内を回っている『走る本屋さん』が観光商工会主催の道の駅のイベントに合わせ新刊絵本約300冊、中古の新書や文庫本約800冊、計1100冊を販売するのだ。

 運営しているのは、『一般社団法人北海道ブックシェアリング』。読書環境の改善を目指して読み終えた本を収集、本の不足で困っている教育機関に無償で届けたり、読書会などの図書イベントの開催をしたりしている団体だ。代表の荒井宏明さんに活動のきっかけを聞いてみた。

「調べ学習などで図書館に求められている機能が多様化しているにもかかわらず北海道は、小学校の学校図書室の図書整備率が全国ワーストワン。書店のない自治体も多く、読みたくても読めないという環境です。そんな中で、書店ゼロ地域に本を届ける目的と、道内の方々の読書に関するリアルなニーズを探るため、2015年から実験的に『走る本屋』の事業を始めました」

 出版取次会社『トーハン』が2017年7月に発表した調査によると、道内188市区町村のうち約3割にあたる58の地域に書店がない。総務省統計局の2017年度調査では、北海道の公立図書館の設置率は全国平均75%を大きく下回る55・9%で、都道府県別でワースト4位。町村の面積を勘案するとワーストレベルだ。

 この日、晴真くん(3)のセレクトで絵本を購入していった鹿部町在住の山之内あゆみさんは、普段は函館市の書店まで、車で1時間かけ出かけていると話す。

子どもがその場で興味をひくものを買ってあげたいので、絵本はネットではなく書店で選びたいですね。市民会館の図書館もあるのですが、タイトル数が限られています。冬は雪で遠出するのもひと苦労なので、近所に書店があれば……」

 荒井代表とともに働くスタッフの竹次奈映さんによると、実際に手に触れて本を選んだり書店員との会話を求める需要も多いという。

「“孫に絵本をプレゼントしたいのだけど、どんなものがいいか”という相談は多いですね。顔見知りのお客さんで読書傾向を把握していれば、オススメの本を紹介することもできる。

 ネット書店との違いは、意外な本との出会いがあることだと思うので、リアル店舗や図書館の役割は大きい。何よりも、おもしろい本の話を人と共有するのってすごく楽しいですよね。今後も本と人をつないでいく役割を担っていけたら」

 多くの小学生や中学生が近所に書店がないことに不満を感じているそうだ。

「“ヤングアダルト小説をたくさん読みたいのに本がない!”“流行りの新刊本がない”との声が多い。本との出会いがその後の人生に大きな意義をもたらすことの多い時期に、本を満足に読めないのは問題です」

本への思いを聞かせてくれた荒井代表と、活動にひかれ大学新卒で入社した竹次さん

 荒井代表と竹次さんが『走る本屋さん』として2年間で回ったのは、オホーツク海から内陸に約25キロの西興部村、旭川から車で約50分の妹背牛町、札幌から車で1時間の喜茂別町など道内7か所で、計40回。

 ちなみに、鹿部町でのイベントでの売り上げは、新刊本、古書含め1万4090円。ガソリン代や人件費を考えると利益は出ないが、「多くの人との交流が生まれた」と2人はにっこり。

「書店ゼロ地域の人々の悲痛な叫びを行政や教育関係者に伝え、課題意識を共有し、自治体レベルで読書環境の改善に取り組んでいきたいですね」(荒井さん)