沢村一樹 撮影/廣瀬靖士

今年1年でいうと、今まで20年くらいやってきた中で、一番のんびりさせていただけた年でしたね。でも、朝ドラの中でお父ちゃんが失踪中だったので、あんまりあちこちには出歩けなかったですけど(笑)

 金曜8時のドラマ『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』で主演を務める沢村一樹(50)。原作は、荻原浩の人気作品“ユニバーサル広告社”シリーズの『花のさくら通り』。シリーズ初の連ドラ化で、舞台となるのは“シャッター商店街”。

「僕自身も地元・鹿児島の小さな商店街の中で育ったんです。子どものころに住んでいた家から通りに出るとお米屋さんがあって、その隣には魚屋さんや理髪店があったり。特に、駄菓子屋さんにはずいぶんお世話になったな~(笑)。そこから家が近かったので、友達が集まると“駄菓子屋行こうよ”って言って、よく買っていましたね(笑)」

 ついに、在京民放キー局の連続ドラマ主演を全制覇!

「今回、誰かにそれを言われて初めて気づいたんです(笑)。全然目標にしていたわけではないんですけど。20年、いろんな方々からお仕事をいただけて、本当に人との出会いに恵まれているな~と感じています

 沢村と言えば、9月末まで放送されていた朝ドラ『ひよっこ』のお父ちゃん・谷田部実が記憶に新しい。しかし、実さんを演じていたときより、かなり身体ががっしりしたような……?

「今は、時間があればジムに行くようにしています。実はこれ、来年の大河ドラマ(『西郷どん』)のための役作りなんです。朝ドラで実さんを演じていたときは貧しい農家という設定だったので、去年の今ごろから比べたら、今は8~9キロくらい増えています

 あとは、実さんが発見されたときは2年間も世津子さん(菅野美穂)のところで美味しいものを食べていた設定だったので、ふくよかでもいいかなって(笑)」