椎名林檎、浜崎あゆみ、安室奈美恵、aiko、宇多田ヒカル

90年代デビューの女性歌手の中でも特に支持率が高く、絶対王者の風格もある歌手の安室奈美恵が、自身の40歳の誕生日に2018年9月での引退を発表した。

 安室といえば、結婚・出産後も第一線で活躍し続け、変わらない歌声とパフォーマンス、美貌で人気を集めたが、今回の引退理由のひとつとして「『劣化』を嫌い決意か」という報道もある。

 そんな安室と同じ90年代にデビューし、ミリオンヒットを出した代表的歌姫といえば、aiko(41)、浜崎あゆみ(39)、椎名林檎(38)、宇多田ヒカル(34)が挙げられるが、現在の彼女たちのルックスも活躍ぶりもまたそれぞれ個性的である。

 今回の引退騒動と彼女たちのエイジングについて、自身も引退を考えたことがあるという、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞いた。

――今回の安室奈美恵さんの引退報道ですが、ご自身はその理由は明らかにしていません。メディアでは、「負けず嫌いで『劣化』という言葉を嫌っていた」「絶頂期で引退という自分の美学を貫いた」「ひとり息子の成人に合わせた」「事務所トラブル」など、いろいろな憶測が出ていますが……。

高須「まだ彼女は働き盛り・女盛りの40歳だけど、アクターズスクールに入ったのが小学5年生で、スーパーモンキーズとしてデビューしたのが中学3年生でしょ? ってことはサラリーマンでいえば体感的に50歳くらいの勤務歴。それくらいなら早期リタイアする方も出てくる世代だし、普通の仕事より肉体的にも精神的にもキツい芸能界で25年も活躍したんだからさ、ボク的には“長い間お疲れ様!”って気分だね。もちろんステキな方だから残念ではあるけど」

――確かに、年齢ではなくキャリアで考えると十二分に働いた気がしますね。12歳で女優デビューした後藤久美子さんも、出産して表舞台から退く時期が早かったし、精神の成熟度が違うのかもしれませんね。

高須「そうそう。ゴクミもだけど、ファンが『待って!』って思う、一番ピークの頃に辞めるとネームバリューが高止まりするんだよね。この間のゴクミと娘さんのグラビアも、ゴクミの名前が高止まりしているからこそ、あれだけニュースになったんだと思うし」

――高止まり! 確かにそうかもしれないですね。一番輝く姿をみんなの目に焼き付けて去る、これは人気商売の芸能人にとって一番美しい幕引きな気がします。

高須「そうだよ! それに安室さんはもともとスーパーモンキーズで一緒だったMAXのグダグダ感を見てるわけでしょ? MAXのメンバーがバラエティー番組で過去の暴露話をしたりさ~。“こうはなりたくない!”なんて思っちゃったのかもよ! だから彼女は自分で自分を『レジェンド』にした。引退上手だね!」

――確かに、ここ最近では一番美しい、惜しまれての引退かもしれませんね。

高須「それに、当分彼女が出るテレビ番組やイベントは報道合戦間違いナシ、となると引退までのこの1年間で数年分の稼ぎができるでしょうし、そうなれば引退後の生活も安泰と。それに何より!」