10月20日、美智子さまの誕生日にお祝いを伝えるため皇居へ入られた眞子さま

「10月上旬には、国体が開催されていた愛媛県を2泊3日で訪問し、バドミントンや相撲の試合を観戦されました。

 帰京した翌日にも、都内で行われた男子テニスの『楽天ジャパン・オープン』に出向かれるなど、婚約会見後も公務に精を出されています」

 そう話すのは、とある皇室担当記者。

 秋篠宮家の長女・眞子さまは、国際基督教大学(ICU)時代の同級生・小室圭さん(26)と正式に婚約後も、以前と変わらず積極的に公務に励まれている。

 その一方で「仕事」と「研究」にも励まれているというのは、秋篠宮家関係者。

都内の『インターメディアテク』というミュージアムに週に何度か勤務しながら、昨年9月からはICUの大学院で比較文化の分野で博士号取得を目指すなど、多忙な日々を送られています

「研究」という意味では、今年8月に、お父さまである秋篠宮さま(51)と東欧のハンガリーへ「私的旅行」に行かれた際に、現地の博物館を視察したという。

 この旅行にも同行し、秋篠宮家と20年以上の交流がある国立科学博物館の館長・林良博さん(71)は、「研究者」としての眞子さまについてこう話す。

「首都のブダペストにある博物館を訪れた際には、“どんな展示方法がみなさんにいちばん伝えられるのか”をお考えになっていました。

 眞子さまの小学生時代から定期的にお会いしていますが、昔から明るい人柄でありながらも落ち着いていらっしゃる印象を持っています。

 人の話をよく聞かれる方なのですが、見識のある人だけではなく、どんな人の話もよく聞かれている点は、研究者として素晴らしいことです。

 結婚後のことは、ご夫婦で考えられることですが、博物館学にとても興味を持たれていますから、研究を続けられるかもしれませんね」