徳永えり 撮影/高梨俊浩

「風太役の濱田(岳)さんも、万丈目吉蔵を演じている藤井(隆)さんも本当に厄介な人たちで(笑)。あの手この手で人を笑かしにかかってくるんです。撮影中、お芝居にならないんですよ、笑いすぎて。それだけ楽しい現場なんです」

 朝ドラ『わろてんか』でヒロイン・てん(葵わかな)の身の回りの世話をする女中、トキを演じている徳永えり(29)。タイトルのとおり、現場には笑いが絶えないと明かす。

「大阪編(10月23日放送~)になってから、芸人さんがたくさん出てくるようになります。みなさんリハーサルで“絶対に本番はそんなお芝居しないでしょ!”という面白いことをやってくるんです。いざ本番になっても、その“残像”が頭の中に残ってて(笑)。私も、わかなちゃんも本当に笑いをこらえるのが大変。

 わかなちゃんは、手の甲とかカメラに映らないところをつねって、笑わないように我慢しています(笑)

 トキの出演シーンでは、藤岡屋の手代・風太とのまるで“夫婦漫才”のような掛け合いも話題に。

「私が大阪出身ということも関係しているかもしれません。完全に会話が関西のテンポになっていますが、私の言葉を受けて返してくる濱田さんが本当にすごいんです。“このくらいやっても大丈夫かな?”と私が足したアドリブの、さらに倍返しで戻してきますから(笑)。だから、こっちも“もっとやってやる”と燃えるんです

『わろてんか』より (c)NHK

黄金世代(R30)影の実力派女優

 朝ドラは『梅ちゃん先生』『あまちゃん』に続いて3作目となる実力派。ヒロインの葵からも、いろいろと相談されることがあるという。

「わかなちゃん、最初は“てんちゃんと私、こんなに性格がかけ離れていてどうしよう……”と、悩んでいたんですけど、私は“そんなこと考えなくて大丈夫!”と言い続けていました。『わろてんか』の核にあるのは、彼女の笑顔。わかなちゃんの華やかな笑顔は、本当にすごい力があると思うんです。

 人間にはどんな時代でも笑いが必要だと思うし、すべてのエネルギーになる。彼女の笑顔が、その説得力になっているんじゃないかな、って。わかなちゃんが現場を楽しんで、輝いてくれることが一番なので、私ができるアドバイスはさせていただいています