草刈正雄 撮影/佐藤靖彦

いつか妻と2人で、豪華客船とかで旅してみたいなって思っているんです。今、そういう船の情報っていっぱいあるじゃないですか。見てると“あぁ、いいなぁ”って思うんですよね。船の上にいろんなものがあるだろうし、退屈もしないんだろうなって(笑)」

 ドラマ『ドクターX』で日本医師倶楽部会長・内神田景信役を務める草刈正雄(65)。普段の温和なイメージとは違い、陰のある怪しげな役に挑む。

「僕の場合は、緻密に役作りをするほうではないんです。脚本やセリフからヒントをいただいたりして、“こういう男だろうな”っていう直感でいつも演じています。でも、僕はセリフ覚えが悪くってね(笑)覚えるのに人の3倍かかるので、今回の医療ドラマでは普段より言葉が難しく、さらに時間がかかってますね(笑)

 『ドクターX』といえば、米倉涼子主演のシーズン5まで続く超人気作。10月12日放送の初回は視聴率20%超えを記録! 超人気作への出演に、草刈でさえも最初は緊張したんだとか。

役者を何十年やっていても、撮影や舞台の初日は緊張するもんですね。これはもう、ずっとつきまとうものだと思います。でも、こういう人気のあるドラマっていうのは、やっぱり現場がカァーッてとても明るいんですよ。だから、すごくやりやすいです」

 昨年の大河ドラマ『真田丸』では真田昌幸を演じ、“おのおの抜かりなく”など数々の名言を残すなど、ただいま“第2次黄金期”到来中⁉

僕の作品の中で、『真田丸』はナンバーワンのものではないかと思います。あれ以降、より多くの素敵な役をやらせてもらえるようになりました。そういった意味では、本当に『真田丸』には感謝感謝です。長く役者をやっていると、こういう宝物に出会えるんだなって思いました

 65歳になった今年、自身初めての写真集も発売され、

「最初は、“えぇ~このトシで写真集!?”って思ったんです。どんなふうに写るのか少し不安だったので、シェイプアップも結構しましたよ(笑)。撮影では、カメラマンさんがすごいノせてくれて、僕も気がつかないようないい表情が出たりして。昔はカメラマンが怖くて怖くて、モデル時代は撮影でも全然動けなくて怒られてばかりでした(笑)