民放連ドラ初主演の木村多江。(c)日本テレビ

元文春エース記者が監修する“今どき”スキャンダル

 黒ずくめの衣装に真っ赤な口紅。髪を25センチもバッサリと切り、民放連ドラ初主演の木村多江が、プラチナイト 木曜ドラマ『ブラックリベンジ』(日本テレビ系 木曜 夜11時59分~)で復讐に燃える女性を熱演中。

 薄幸な女性を多く演じてきたが、今作のヒロイン・今宮沙織役で、新境地を見せている。

 沙織の夫(高橋光臣)は、5年前、ねつ造スキャンダルによって、自らの命を絶った。そのショックで沙織は流産。幸せな家庭を失った。身も心も傷ついた沙織を立ち直らせたのは、復讐心だった。そして、夫のねつ造スキャンダルを報じた、週刊誌「週刊星流」の契約ライターに。“地獄の底に叩き落とす”と固く誓い、ねつ造に関わった人物たちのスキャンダルを暴き、社会的に葬っていった。

「沙織は、個人的な理由による復讐で、悪を成敗する正義の味方ではありません。復讐のために闘う強い女性ですが、心には悲しみをたたえています。復讐によって周りの人たちを不幸にするし、自らも傷ついていくという面もあります。奥行きのある沙織役を、多江さんは想像以上の怖さ、迫力で演じてくださっています

 と、福田浩之プロデューサー。

福島編集長のねつ造を告発しようとする沙織は、デスクの天満に協力を頼む。(c)日本テレビ

 スキャンダルによる復讐劇を描くにあたっては、“今っぽさ”を大切にしたという。

「復讐劇自体は、昔からありました。例えば、浮気された妻は以前なら、相手のところに乗り込んでケンカをした。でも今は、週刊誌にリークして、スキャンダル記事にして世間に晒(さら)す、という手段があるんです。こうした今のスキャンダル事情もふまえ、設定やセリフを考えています」(福田P、以下同)

 相手を追いつめたときの沙織の決めゼリフ“骨の髄まで炎上しなさい”や、第4話(10月26日放送)では“このハゲーッ”と暴言セリフが登場するのは、まさに今風。

 監修は、元『週刊文春』のエース記者・中村竜太郎さんが担当し、劇中で繰り広げられるスキャンダルにはリアリティーがある。

「ドラマ以上に、実際はもっと生々しいそうです(笑)。中村さんは、現場に来られて、俳優さんと和やかに話していますが、クランクアップ後の打ち上げを楽しみにしているようです。記者時代は、外野で取材していたことが、参加できますからね(笑)。中村さんのような記者に“追われる”立場の俳優陣は、ドラマでの“追う”立場を楽しみながら演じています