左から渡部秀、大東駿介 撮影/佐藤靖彦

大東「この前、秀くんに京都でバッタリ会ったんです」

渡部「僕は『科捜研の女』の撮影で京都にいて、移動中に駅のホームですれ違って。“目の前から輝いてる人が来る!”と思ったら、大東くんでした

大東あの偶然はちょっとドキッとした。これ、異性だったら恋が始まる予感(笑)

渡部「ハハハ(笑)。お互い、何かの引力が働いたのかな」

 ’70年代に人気を博した伝説の特撮ヒーロー、シルバー仮面とレッドバロンが共演すると話題の映画『ブレイブストーム』で、大東駿介と渡部秀がW主演。雑談ではジョークを織り交ぜ息の合ったトークをみせる2人だったが、作品の話になると一気にモード転換!

渡部作り込みというか、再現度がスゴいんです

 彼らが感激するのも納得で、最新のデジタル技術が施された映像は超リアル。本作にはハリウッドのスタッフも参加しているそう。

大東日本人の持ってる“追求する力”と海外の方の“柔軟性”、その両方のいいところを体験させていただきました

渡部「僕らにはないセンス、考え方というものを持っているんです」

(c)albatross japan

 海外スタッフも参加し、いつもとは違った空気が流れる中、撮影中にはこんな現象も。

大東「朝から晩までの撮影が連日続いたある日、ハリウッドのスタッフが突然“日本人はクレイジーだ!”って(笑)。“俺は明日休む”って言って本当に休みました」

渡部「もうこれ以上は無理だと、マジな顔で言うんです。驚きました」

大東「あとで聞いたら“新しいことを生み出すためには余裕のある脳みそじゃないとできない。そのためには休むということは仕事として大事なことなんだ”と。すごくハッとさせられました」

 中でもスタッフたちとのコミュニケーションを積極的にとっていたのが大東。……ってことは英語はペラペラ!?

大東「実はメインのカメラマンもハリウッドから来ているんですけど……それが同じ年の同じ故郷の大阪人だったんです(笑)。だから彼が全部通訳をしてくれて。これ、“英語で”って言えたらめっちゃカッコよかったのに

渡部そう答えてたらバッチリ決まっていたと思います(笑)