平岳大

「親の死というのは、誰もがいずれ通りすぎる道ですから、頭の片隅ではわかっていたことです。ただ、僕のオヤジの場合は何の前ぶれもなく、本当に突然の別れでしたから。

 もちろん、“悲しい”という感情はあったのですが、正直なところ、ただただ驚いたまま、最初の数日を過ごした気がします

 昨年10月22日に、連絡がとれなくなった平幹二朗さんを心配して自宅に駆けつけた長男で俳優の平岳大。そこで、父が浴槽で心肺停止の状態で倒れているのを発見。平さんはそのまま帰らぬ人となった。

 平さんは当時、放送中の月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)に出演中で数日前まで元気に買い物する姿が地元商店街で目撃されており、突然の訃報だった。

 あれから1年─。一周忌法要を無事にすませた岳大は今、何を思うのか。

父に相談した芸能界入り

「この1年は、早かったような、長かったような不思議な感覚です。公私ともに、とても濃密な1年を過ごしてきて、自分でもとてもポジティブに頑張ってきたという実感があります。

 別にネガティブな思考があったわけではないのですが、“これからすべて自分でやっていかなければ……”という、区切りというか、覚悟のような思いが生まれた1年でした」

 岳大は平さんと女優・佐久間良子の長男として'74年に誕生。だが'84年に、彼が10歳のときに両親は離婚してしまう。

「離婚する前もオヤジはほとんど家にいませんでしたので、あんまり寂しいということはありませんでした。僕が役者になるまでは、めったに会わなかったので、生活感がないというか……。

 たまに会っても話題は芝居のことばかりの人でしたから、会話といっても、次は何という舞台をやって誰と共演してとか、表面的な話しか聞けないですし、当たりさわりのない話しかできなかったです。

 役者になってからは、共通の話題ができて、いろんな話ができるようになりましたけど」

 岳大は高校在学中に単身、アメリカに留学。そこで大学院まで進学し、一般企業に就職する。だが、両親と同じ役者になることを決意し、仕事を辞めて飛び込んだのは27歳のとき。そのことを真っ先に相談したのは、父親の平さんだった。

「子どものころに母に冗談で“役者になりたい”って言ったら、“絶対ダメ”って、すごく反対されたんです。なので、まずは父に相談しました」

 その父親も、岳大の芸能界入りを当初は反対していたというが……。

「まあ、オヤジは一緒に生活していないから、いわば僕は遠くで育ってきた息子です。その子どもが“役者やる”と言いだしたら、最初は反対していても、ひとりの男として好きなことを仕事にしたほうがいいという考えだったのか、“じゃあ、やってみなさい”と言われました。

 父親としての言い方というよりは、“相談乗るよ”くらいの感じでしたけどね。ただ、後から聞いたら、オヤジはうれしかったみたいです。僕も両親がいなかったら役者にはなってなかったでしょうね