榊原郁恵 撮影/坂本利幸

「ケンカすることは今でもありますよ。理由はご飯の量が少ないとか、本当に些細(ささい)なことですけど(笑)」

 今年で結婚30年目を迎えた榊原郁恵と渡辺徹。事務所の後輩である小島瑠璃子が“理想の夫婦”として名前を挙げるなど、芸能界きってのおしどり夫婦としても知られる。そんな榊原郁恵(58)に夫婦円満の秘訣を直撃っ!!

みんな“いまさら?”って思っているかも(笑)

いろいろと時を重ねてきて、向き合い方が変わっているのですが、意外に価値観が違うところが長く続いている理由なのかも。子育てでも正反対な部分があったり、こんなに考え方が違うものなの? って悩んだ時期もあったけど、よく考えてみたら、自分にないものを持っているから惹かれたんだなって気づきました」

 2人の息子を育てあげるなど良妻賢母のイメージが強いが、「A型の主人のほうがきちんとしている」と笑う。B型で、おおらかな彼女とは性格は正反対だそうで、だからこそ心地よい距離感が保てているようだ。

「夫婦だから同じ考えでなきゃいけないと無理に合わせようとすると、お互いがしんどくなると思うんですよね。考え方が違うから、よくケンカもしますよ。でも、最終的な解決方法が“別れる”“別れない”の二択ではなく、どうしたら、お互いが向き合えるかってところがうまくいっている秘訣なのかも。……私の願望かもしれないですけど(笑)」

 ’84年放送のドラマ『風の中のあいつ』で共演したのをキッカケに、4年の交際を経てゴールイン。仕事とプライベートを分けるために結婚後は共演を控えてきたが、このほど舞台での初共演が決定!

「仕事場でも顔を合わせる機会が増えたので、妙な感じですね(笑)。仕事のパートナーとして見たことはなかったんですが、いい仕事のパートナーであり、理解者であり、すごくやりやすい人だなって、あらためて思いました。いちばん本音をさらけ出せる相手なので、今回の打ち合わせでケンカになることもありますが(笑)、不安になる私に“大丈夫だよ”って勇気づけてくれたり、すごく頼りになっています

 舞台のタイトル『いまさらふたりで』は、本人も気に入っている様子。

「今まで夫婦共演はしませんって言ってきたから、周りも“いまさら?”って思っているんじゃないですかね(笑)。このタイトルは公募で決めたんですけど、私たちの気持ちをそのまま字面にした感じでいいなって」