大泉洋 撮影/高梨俊浩

 映画にドラマ、舞台で活躍し、人気を不動のものとしてきた大泉洋(44)。俳優としてはもちろん、エッセイ本を出せば大ヒット、トークも秀逸でバラエティーや舞台挨拶では必ず場を盛り上げるなど、もはや役者としての垣根を越えて愛される人気者だ。なぜ彼はここまで愛されるのだろうか。

確かによく言っていただくんですよ、“大泉さんは愛されてますね”って。本当にそうなのかしら?(笑)。やれモジャモジャだ何だと、いろいろ酷いことも言われるけど(笑)

 しょっぱなから“大泉節”を炸裂させては取材班を笑わせる。

「前に出席したポルトガル映画祭でも、ウケる必要はないのに“こんにちは、クリスティアーノ・ロナウドです”って言っちゃうワケ。それを言うためだけに、私すごい緊張してるのよ(笑)。だって下手したらスベるし、怒られちゃうでしょ。そんなリスクを背負ってでも、人に笑ってほしいと思ってしまうんです」

 国内外でその名を轟(とどろ)かせつつある大泉だが、現在も北海道テレビの番組にレギュラー出演するなど、地元を愛する“生粋の道産子”としても名高い。

 そんな彼の出身地・北海道で撮影され、大泉の代表作ともなった映画『探偵はBarにいる』の第3弾が4年ぶりに公開!

「2が終わってから“次はいつやるんですか”って聞かれることが本当に多くて。特に業界内でそう言ってもらえるのは、結構珍しいこと。『水曜どうでしょう』はやたら言われますけどね(笑)」

 それでも“待たせてしまったぶん、面白いものができた”と自信をのぞかせる。

「もし映画がダメだったときに、やっぱり主演の僕にも責任が関わってくる。だからプロデューサーもプロットや台本ができあがった段階で僕にも見せてくれて。誰よりも辛口の観客として、意見させてもらいました」

 よりよいものにしたいという一心で取り組んだそうで、

「これで終わらせるわけにはいかん! と。4、5と続けていきたいからこそ、しっかりしたものを目指しました」

映画『探偵はBARにいる3』(c)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

 クールでどことなくセクシーな“探偵”には男も女も惹きつけられる魅力があるが、一方で雪に埋められたり、スキージャンプの台に吊るされたりと、毎回さんざんな目に……。そして今回は、なんとパンツ一丁で船上に!?

「僕はね、物語の流れ上、服を着ていたほうがいいんじゃないのって言ったの。そしたら監督が“確かにそうなんですけど、ガウンのほうが絵的に面白い”って。そう言われちゃうと……面白いって言葉に私、弱いんで(笑)。結局、前のシーンとのつながりのこともあって、パンツだけの裸でやることになりまして」

 もちろん、撮影は北海道の真冬、真っただ中。

「あれホント寒いの! 僕、あのシーンを見て思ったんですけど、寒さというのは映像じゃ伝わりきらない(笑)。息もできないんです。大げさと思われるかもしれないけど、やってみろってんだ(怒)」