――結婚願望はありますか?

植原 いずれはもちろんしたいですけど、今すぐはプランにもないです。

太田 僕も今は自分のことでいっぱいというか。

――どちらが先に結婚するでしょうね?

植原 もっくんでしょ~。

太田 何で? いやでもたっくんは難しそうだな~(笑)。

植原 それ言われる (笑)。「一人でいけちゃうよね」って。

太田 え~、意外と寂しがり屋っぽいけどな~。

植原 ホント?

太田 なんでうれしそうなんだよ(笑)。

植原 アハハハハハ!

太田 出ちゃうんだよね。心情がすぐ顔にね(笑)。

たわいもない話をして、また頑張ろうって思える存在

太田基裕 撮影/廣瀬靖士

――最後に改めてお互いはどんな存在ですか?

太田 考え方も面白いし興味深い。たっくんはエンターテインメントに対する考えとかもビジョンがすごくあって、こういう舞台に立ちたいとか意思がはっきりあって。自分にないものもたくさんあるので、そういう部分でも尊敬できる。たっくんに勝ちたいとかそういうことは、ホントに考えられないというか……。嫌な感じが何ひとつないし、すごいナチュラルに、ニュートラルにリスペクトできる貴重な俳優さんだなって。

植原 ありがとうございます! もっくんの魅力を自分の中で感じているものがあって。だから人気なんだろうなって。

太田 そういえば、けっこう分析するクセあるよね(笑)。

――太田さんの魅力を一言でいうと?

植原 ……もっくんは見た目!(笑)

太田 おい!

植原 やっぱり美しいですよね。大事なことだと思います。

太田 お前、最後にえぐいこと言ったな(笑)。

植原 アハハハハ! お互い頑張っていて、今日みたいに会ったときに、ポロっと近況を話せるような心の安らぎじゃないですが、リフレッシュできるというか。たわいもない話をして、また頑張ろうって思える存在です。