都内の自宅から出てきた景子夫人を直撃。50代とは思えない美しさが印象的だ

「今、報道されているビール瓶で殴ったということは、これは殴っておりません」

 10月25日から26日未明に、鳥取市内の飲食店で起こった横綱・日馬富士の暴行問題。被害者である貴ノ岩がビール瓶で殴られたという報道に対し、酒宴に同席していた白鵬は、それを否定している。

表情を変えず無視する貴乃花

「暴行問題が発覚してから沈黙を守っていた白鵬も、11月16日の朝稽古が終わったあと、記者の質問に対し事件当日の話をしたのです。

 ですが、貴ノ岩の兄はテレビの取材に対し“テーブルの上の酒の瓶を持って、手あたり次第ぐちゃぐちゃにして、容赦なく何度も殴った”と弟から聞いたと話しています。つまり、証言が真っ向から食い違っているんです」(スポーツ紙記者)

 貴ノ岩が所属する部屋の貴乃花親方が11月13日に相撲協会に提出した診断書には、《脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い》と明記されている。

「暴行があった翌日(10月26日)に、日馬富士は貴ノ岩に対して謝罪し、お互いに納得したはずなんです。しかも、次の日(27日)には、伊勢ケ濱部屋の関係者が貴乃花部屋へ謝罪の電話を入れている。

 そこで先方から、“病院へ行きましたが大したことはありませんでした”という返答があったので、横綱は九州場所に出場する準備をしたんです」(伊勢ケ濱部屋後援者)

 だが、貴乃花サイドは“大したことはない”と言いながら、29日に鳥取県警に被害届を提出。結果として、11月17日に日馬富士は国技館で警察の事情聴取を受けている。