10月から授業などで練習を重ねたリコーダー合奏を11月22日の音楽会で披露された

「11月22日、お茶の水女子大学附属小学校の音楽会に参加した悠仁さまは、約110人の同級生とともに合唱と合奏を披露されました。

 合奏では、リコーダーで『オペラ座の怪人』を、ハンドベルのように使うトーンチャイムで『美女と野獣』を演奏されて、見学に来ていたご両親も喜ばれていましたよ」

 秋篠宮家の長男で、小学5年生の悠仁さまの近況についてそう話すのは、秋篠宮家関係者。

 悠仁さまが学校行事に取り組まれる中、長姉の眞子さま(26)と国際基督教大学(ICU)時代の同級生で婚約者である小室圭さん(26)にも「慶事」についての進展があった。

「一般の結納にあたる『納采の儀』が来年3月4日、結婚式が8か月後の11月4日に決定しました。

 式の会場は東京都千代田区にある帝国ホテルで行われる予定で、現在は招待者などを検討されているそうです」(皇室担当記者)

 大好きなお姉さまの晴れ舞台を、悠仁さまはさぞ楽しみにされているにちがいない。

 そんな悠仁さまも来年は小学6年生。たびたび話題にのぼる“お受験問題”について、皇室ジャーナリストは次のように解説する。

来年度からお茶の水小と名門国立の『筑波大学附属中学校』との“提携校進学”の制度が設けられることになったのです。

 しかし、その制度が“悠仁さまのためなのでは……”と保護者の間で噂されています。

 お茶の水女子大学の附属校は高校から女子校となり、大学受験を見据えて中学受験をする男子生徒が多いため、悠仁さまも中学から別の学校に進まれる可能性があるのです

 お茶の水小を卒業した若干名の生徒が対象になるという“提携校制度”。

  「偏差値75」で東大・京大にも多数進学する超難関の筑波大附属に学力テストを受けずに入学できるとなれば、これほどいい話はない。

しかし、筑波大附属を目指してまじめに猛勉強している全国の小学生や、その保護者にとっては複雑な制度でしょうね」(前出・皇室ジャーナリスト)

 悠仁さまの「進学先」についての話題が揺れ動く中、新たな“候補”が浮上した。