左から財木琢磨、横田龍儀 撮影/廣瀬靖士

 5年前、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで同じスタートを切った財木琢磨と横田龍儀。ライバルとして、また盟友として互いに高め合ってきた2人に、次の共演作への思いを聞いた。

──熱狂的人気を誇るミュージカル『刀剣乱舞』〜三百年の子守唄〜で共演し、12月からは海外のステージを含めた同シリーズのライブ公演を控えている2人。多忙の中、ディズニークリスマスでの撮影に協力してくれた。

(*二人がガイドを務めた東京ディズニーリーゾートの記事はコチラ!)

横田 いつもはパレードを見るよりも、その隙にアトラクションに乗りたいタイプだったので、初めて間近でパレードやショーを体験できて楽しかった〜!

財木 普段は僕らが、お客さんに対してパフォーマンスをするほうなので、無意識にそういう目線でショーを見ていたよね。例えば、ファンサービスでも、目がしっかり合って手を振ってもらえると、こんなにうれしいんだってことがわかったり。ディズニーっていう一流のエンターテイメントだから勉強になるねって、龍儀と話していました。

横田 僕も、今まではミッキーとかキャラクターばかりに目がいっていたけど、今日はダンサーさんのパフォーマンスに注目していて、自分も大人になったな〜と(笑)。

財木 逆に、こっちが手を振ったのに、ダンサーさんがちょうど向こうを向いてしまってガッカリしたりと、ファンサービスの難しさも感じたね。

横田 でもさ、さらに裏をついて、そこからもう1回、振り向いてくれたら、「気づいてくれてたんだ!」ってうれしさが倍増しない?

財木 ツンデレの効果ね。

横田 それにしても、シンデレラは可愛かったな〜、美女と野獣のベルも……(うっとりした様子)。

財木 結局、キャラクターばっかり見てるじゃん(笑)。

──クリスマスの雰囲気は楽しめた?

横田 ショーで雪が舞い散ったり、ツリーにも雪化粧がされていて。今年はクリスマスイブも財木さんと一緒の公演が入っているので、今日はひと足先に満喫しました!

財木 クリスマスといえば夜が本番。夜のショーやイルミネーションが楽しみだな。

横田 僕は絶叫系が大好きなのでアトラクションにも乗っておきたくて。さっき財木さんにも、タワー・オブ・テラーに乗ろうって誘ったんですけどね。

財木 僕、落ちる系が本当にダメなんですよ。プーさんのハニーハントくらいの高低差でちょうどいいです。

横田 プーさんのハニーハント、高低差ほぼないよね(笑)。

財木 前に撮影で、ジュノンボーイの同期のメンバーと遊園地に行ったときもフリーフォールに乗ろうってなって。僕が尻込みしてたら、龍儀に「乗らないんだ?」って言われて乗ったけど、まじで泣きそうになったから(笑)。

横田 乗ったあと、しばらくテンション下がってたもんね。