18年ぶりに情熱の女・カルメンに挑む、花總まり

 2018年3月上演のミュージカル『Romale(ロマーレ)~ロマを生き抜いた女 カルメン~』で、18年ぶりにカルメン役を演じる花總まりさん。宝塚歌劇団・宙組娘役トップスター時代の’99年に『激情-ホセとカルメン-』で演じたカルメンは花總さんの当たり役のひとつで、ファン待望の今作。久しぶりにカルメンに挑む心境は?

カルメンの感情をより深く表現したい

出演を発表したときに、もう1度見たい役だったとみなさんがすごく言ってくださって。ある意味プレッシャーでもあるんですけど、今の私ならではのカルメン像を作っていきたいですね。

 宝塚時代に1度やらせていただいたときは、野性的だったり自由に生きる女性っていう一般的なカルメンのイメージで取り組んでいたんですけど、今回はあれからだいぶ時もたちましたし、ロマ族として生まれ育った彼女が持つ強さだったり哀しさだったり、いろんな感情をより深く表現できたらと思います。そこからホセとの出会いによって、苦しいほどに切ない愛が生まれてくると思うので」

 花總さんが愛を演じるとき大切にしていることは?

「そこに嘘があってはならないと思います。本当にそう思っていないと絶対に伝わらないと思うので、それにつきますね」

 カルメンのような激動の人生を歩んだ女性と花總さんは、真逆のようにも思えるのだが。

「わかりませんよ(笑)。でも役を作っていくときは想像を膨らませていくんですね、きっとこうなんじゃないかって。原作があるものだったり、実在の方で資料がたくさん残っていたり、いろんな人物がいますけど、私は最終的には台本だと思っていて。

 台本にその人物がしゃべっている言葉があるじゃないですか。なんでこの人はこんなふうに言ってるのか、その言葉から想像を膨らませていくことが多いですね。言葉の裏にあるものをセリフから読み取るのが好きです」

 演出・振付は、花總さんとは宝塚時代から縁の深い謝珠栄さんが手がける。

謝先生は本当にパワフルな方なので、きっとお稽古もすさまじいものになるんじゃないかなって(笑)。“変なものは変”って感じでバンバン容赦なく思いがぶつかってくると思いますし、時間を忘れてお稽古に没頭することができる演出家の先生なので、私のまた新しい扉を開けてくださるんじゃないかなってすごく楽しみです。

 昔から私のいいところも悪いところも苦手なところも全部ご存じだから、最初から全部さらけ出していけるので、すごくいいものが生まれると思っています」