忙しい、料理は面倒、だけど健康でいたい……。そんな人に朗報です。『ひとり暮らしビジネスマンのための食事と健康大改善』(クロスメディア・パブリッシング)では、多忙なビジネスパーソンでも簡単に実践できる食事の栄養管理法を掲載。料理センスがなくても、道具がなくても大丈夫。簡単レシピや正しい食の知識があれば、仕事パフォーマンスを劇的にあげられます。本記事では本書より、安い・時短・栄養たっぷりと三拍子そろった簡単ごはんの作り方をご紹介します。
具沢山の豚汁

鍋いらず、 お椀一杯でつくれる味噌汁&豚汁

 味噌汁というと、お鍋を持ってきて、具材を切って……、めんどうだなあと思う人もいることでしょう。でも実は、ハサミとお湯さえあれば、即席味噌汁ができてしまうのですよ。

 まずお椀に、普通のネギより少し細い万能ネギをハサミで切って入れ、乾燥ワカメと味噌を入れます。そしてお湯を注ぐだけ(電子レンジでチンしても大丈夫です)。カップラーメンとほぼ同じ要領で、おいしい味噌汁ができあがります。

 味噌はぐつぐつ沸騰させたり、作り置きすると香りが飛んでしまうので、この方法だとかえって香り高くなるのです。

 手間を省いても、おいしくて栄養あるものは食べられます。豆腐を崩してお椀に入れて味噌汁を作るのも良いですね。多少温度が下がってしまいますが立派な味噌汁です。

当記事は「BUSINESSLIFE」(運営:ビジネスライフ)の提供記事です

 また、人気の高い豚汁も、思っているより簡単にできます。具材は冷蔵庫に残っているものでOK。本書に載っているレシピを実践して野菜があまったら、豚汁にしてしまいましょう。豚汁はつくりおきしてあたため返してもおいしさが落ちません。

 材料は、大根、玉ねぎ、豆腐、にんじんなどを中心として、こんにゃくやごぼう、いも類(里芋、じゃがいもなど)があれば入れます。あとは豚肉。材料を適当な大きさに切って、軽く油でいため、水を入れて5~10分煮たら、味噌を溶かしいれるだけ。

 タンパク質と野菜がとれるので、ご飯と一緒に食べればそれだけで立派な献立となります。

 夜、仕事で帰宅後の夕食が遅くなってしまう人は、職場でおにぎりなど炭水化物を先に食べます。これは夜7時~8時ごろが望ましいです。その後、家に帰ってきて、この豚汁をチンして食べる。これだけで、しっかりと栄養のバランスがとれます。満腹感もあるので、満足度も高いおすすめの一品です。