ジャニーズやK-POPをはじめとした、日韓のアイドルの応援を日々の生きがいとし、気づいたらとある現場でトップヲタクになっていた<男子>大学生・あくにゃんのコラム。
イラスト/びーえいち

 

〈第四声〉
ジャニーズに公開オーディションは必要?
~それぞれのメリット・デメリット~

 今、韓国では「オーディション番組」が大流行しています。

『プロデュース101』という番組から生まれた11人組男性アイドルグループ「Wanna One」のライブには50万件を超える応募が来るほど人気を獲得しています。今年の、第68回NHK紅白歌合戦への出場が決まった韓国のガールズグループ『TWICE』もオーディション番組出身です。

 しかし今、ジャニーズはオーディション番組や、公開でオーディションをすることがありません。それぞれのメリット・デメリットを考えていきたいと思います。

 韓国で大流行した『プロデュース101』という番組をご存知でしょうか。

 まだデビューしていない各事務所の練習生101人を集め、最終的に視聴者の投票によって選ばれた11人がデビューをするという番組で、自分の推しをアピールするためにファンたちは、お金を出して街中に看板を出したり、バスの広告部分を推しの宣伝で埋めたりと、社会現象を起こしました。

 もともと韓国ではオーディション番組が人気で、すでにデビューしている『TWICE』と『MONSTA X』もオーディション番組出身です。また、最近韓国でデビューしているグループのメンバーの中には、『プロデュース101』に出て人気を獲得した子がいます。

 このオーディション番組の最大の特徴は“デビュー前から知っている”ということです。そして、一般人同様の彼らたちが、日に日に成長する姿を見ることで愛情がより一層強く芽生えます。

『プロデュース101』では、練習生がわんわん泣く姿や失敗した姿だけではなく、踊りが下手なのに練習しない様子、「あの子は所属事務所が大きいから待遇がいいんだ」という陰口、両親との電話の内容など、すべてを流します。それらを通して見られる彼らのリアルな感情や反応、そして人間味を感じられるという点が多くのファンにウケました。

 オーディション番組は、ステージで輝く姿のみではなく、生い立ちやドラマチックな背景までをも商品として売り出すことで多くのファンを獲得できるのです。

 そしてもう1つ重要な点は、視聴者による<投票制度>があることです。

 これにより、アイドルがファンを引っ張るスター的な性格を失い、ファンに媚びる時代が訪れました。

 また、各番組には必ず専門家がいるのですが、その専門家による批評と、自身が感じた意見とを比較できるため、アイドルを批評的な目線で見るようになります。

 そして、人気投票によるランキングというわかりやすい形で結果が出されるため、その答え合わせができます。「やっぱり私の眼は間違ってなかった」「ほら、この子は顔がいいけど人気は出ない」といったように、ただ盲目的に愛することと同時に、プロデューサーとしての目線も持つようになるのです。

 実際に『プロデュース101』では、応援してくれる視聴者のことを「国民プロデューサー」と称しています。

 これらが影響し、昨今のアイドルは、神として崇拝するスター的な性格を失い、育てる対象へとなっています。推しを「産みたい」「養いたい」と発言したことがある人は、まさに育てる対象として見ているのではないでしょうか。