秋山竜次 撮影/吉岡竜紀

「最近、扮装して出る機会が多いので、素の状態で出ると“なんか物足りないですね”って言われます(笑)」

 3人組ロバートとして『キングオブコント』でコント日本一に。また天才子役や、うさんくさいテレビプロデューサーなどをまじめに演じきる企画『クリエイターズ・ファイル』が大人気になるなど、日本屈指のキャラクターメーカーといっても過言ではない秋山竜次(39)。

 なりきり芸に定評のある彼が、12月26日(火)に放送されるスペシャルドラマ『黒い十人の秋山』(テレビ東京ほか 夜11時30分~)で1人10人役に挑戦!

「ドラマとしてのオファーだったので、イメージとしては“ドラマ7割、コント3割”ぐらいと思っていたのですが、やっていくうちに、どんどんコントの部分が侵食していって(笑)。コントにしたほうがどれだけ楽だろうとは思いましたね」

 イベントなどにも引っ張りダコの大御所デザイナーを彷彿(ほうふつ)とさせる、YOKO FUCHIGAMIも登場。

「いちばんやらせてもらっているキャラクターなので、こいつのときは安心しますね。最近は場慣れしてきて、“大物感”も出てきたほど。まぁ自分が演じているんですけど(笑)」

 とはいえ、大半は今回初お披露目となるキャラクター。どうやって役柄を決めたんですか?

「予算の都合で『クリエイターズ・ファイル』ではできなかったものや一瞬なら面白いなと思って温めていたキャラクターなどを放出させてもらいました。あとは単純に、この衣装を着てみたいとか(笑)」