週刊女性で好評連載中「ニコラオスの嘲笑」(原作:郷田マモラ、 作画:長岡敦子)最新16巻が12月15日より電子版で発売になります。なお、本作品はLINEマンガでも毎週1話を無料配信しています。

〈あらすじ〉
 加治清の責任能力を診断するにあたり、藤検事は学閥の色がついていない芦屋教授を選定、約2か月間にわたる鑑定留置が行われることに。たったひとりで真犯人を探し続ける刑事・森村つぐみの捜査もなかなか進展が見られないまま。一方、追いつめられているのは真犯人・由佳も同じだった。衝動的に自首しようと武蔵田署を訪れるが、そこに加治の恋人・田原まりもが……!

〈収録内容〉
「鑑定留置」
「追い込まれる真犯人」
「清くんのために…」
「つぐみの不安」
「追う者と追われる者」
「鑑定留置終了」
「優馬の気持ち」
「早く会いたい…」
「真犯人との遭遇」
「まりもの妊娠」

※各巻10話収録、第1巻は無料配信中です。
※Amazon Kindle、楽天koboなど、ご利用の電子書店で「ニコラオスの嘲笑」を検索の上、お求めください。

記事の中で画像をクリックするとamazonの紹介ページに移動します