友だちは今ごろ…と考えてしまうと落ち込むのが、クリぼっちあるあるですよね
 普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 男女のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)! 数字はウソをつきませんよ♪

珠玉(?)のクリぼっちエピソード
まずは男性編!

 きらびやかなイルミネーションは心奪われる反面、落とす影は暗いもの。聖夜はある意味で残酷です。浮かれた男女がいちゃいちゃしている裏では、寂しい夜を過ごす、いわゆる“クリぼっち”の人たちも数多くいますから。

 そこでクリスマス直前に20〜30代の男女200人にアンケートを実施! 過去に経験した残念すぎるクリぼっちエピソードを集めてみました。まずは男性から!

【“非リア充”なおひとり様エピソード】

「彼女がいないクリスマスは実家に帰り家族とパーティーをしているが、帰ってくるたびに『今年はいないのか……』とため息つかれるのが、毎回心に刺さり気分が落ちている」(27歳・千葉県)

「ロフトプラスワンで『リア充お断り』なオールナイトイベントに参加したが、結局周りの誰とも会話せず寂しく帰宅した」(39歳・愛知県)

「周りはみんな彼女がいて、自分だけ一人でとても寂しくもあり悲しくもあり、お酒を飲みまくってさっさと寝たこと」(33歳・静岡県)

「昨年のクリスマスに不動産屋と1日かけて家探しをし、決まらずにそのままその他人の自宅でパーティに参加した。一人って身軽で楽しい」(29歳・埼玉県)

 彼女がいなければ必然的にひとりで過ごすことが多いわけですが、それなりに楽しんでいる人もいるみたい。そもそもいなければ諦めもつきますが、彼女がいる状態で迎えたクリスマスでも、こんな悲劇が……。

【恋が叶わなかった(?)エピソード】

「彼女を寝取られた」(27歳・愛知県)

「彼女と約束してケーキを買ったが、彼女がインフルエンザになったので、一人でケーキを食べた」(38歳・宮城県)

 聖夜のトラブルは悲劇の定番ですが、その場に直面すると寂しいに違いありません。

【こんな日もお仕事なエピソード】

「過去に、日付が変わるまで仕事を上司と二人だけでやっていて非常に疲れた思い出がある」(24歳・群馬県)

「バイト先の遊園地でカップルの喧嘩の仲裁をした」(33歳・千葉県)

 また、「一人でお菓子を食べながらクリスマスの特番を見ていた」(27歳男性・山口県)など、クリぼっちのお供は「明石家サンタ」が定番という人もいました。悲喜こもごものクリスマス、寂しい男性は残りわずかの期間に彼女探しに全力を傾ける人も多そうですね。