CODE-V(左から)ナロ、ルイ、サンウ、ソル、テフン 撮影/齋藤周造

 1月10日(水)にシングル『冷たいキス』をリリースするCODE-V。今年は、アルバム『道』リリースや全国ツアーなど、すでに発表されているものだけでも5人の活動が盛りだくさん。撮り下ろし写真とともに、仲のいいインタビューの様子をお届けします。

──14枚目のシングル『冷たいキス』のリリースおめでとうございます。

ナロ「ありがとうございます! うちの末っ子・テフンもやっと20歳になって、大人になりました」

ソル「そうですね、テフンおめでとう!」

テフン「ありがとうございます!」

ナロ「ほかの4人は10年前から大人でしたけど(笑)、やっと全員が大人になったということで、"禁断の愛"をテーマに作りました

サンウ「ジャケット写真は、野村宏伸さんと田中美奈子さんです。これもまた新しい挑戦になったと思います!」

──5人のシングル、ファンの皆さんも楽しみに待っていたんじゃないでしょうか。

サンウ「そう思っていただけていたらうれしいです。お待たせしました、という気持ちですね」

──2017年は、皆さんにとってどんな1年でしたか?

ソル「まず僕が(兵役から)戻ってきたこと! そして、すぐにウシク(元メンバー・2017年5月に脱退)が出ていったこと! それがビッグニュースです」

サンウ「毎年あっという間ですが、2017年は特にそう感じました。CODE-Vとして、うれしいことも悲しいこともあったので」

ルイ「いろんなことがあったっていうのもだけど、やっぱり年ですよ。年を取れば取るほど、脳が細かく覚えることができなくなるから(笑)

──シングルリリースに続いて、2月にはアルバム『道』もリリースされます。

ナロ「いい曲が本当に多いですよ! 僕の携帯の中に入っているので、ここで今すぐ聴かせたいくらいです!」

──すごく聴きたいですけど、リリースまでのお楽しみにとっておきます!

ソル「2月は卒業シーズン(※1)だったり、新しいことを始める時期じゃないですか? 僕たちCODE-Vのこれから進む道はこれだよ、という意味も含めて、いろんな方に共感してもらえる内容になると思います。楽しみにしていてくださいね!」

※1 韓国では2月に卒業式が行われることが多い