左から松本若菜、内田慈 撮影/佐藤靖彦

内田「30代後半に差しかかると、周りが勝手に“焦り”というイメージをつけている気がするんです。結婚、出産、仕事もそう」

松本「うん。それこそ“崖っぷち”って言われたり(笑)」

内田「そうなの。そう言われることで、逆に意識していなかったのに焦っちゃう、みたいなところってあるよね」

 舞台を中心に実力を磨き、数多くの映画のほか、朝ドラ『まれ』やドラマ『ハロー張りネズミ』などに出演、個性的な存在感を発揮してきた内田慈(34)。そして昨年は映画『愚行録』『結婚』ほか、ドラマ『コウノドリ』への新レギュラー出演が話題となった松本若菜(33)をツーショットインタビュー。

 20代で数多くの経験を積み重ね、“アラサー女優”となった彼女たちの思いとは――。

内田「女優は定年がないから、“ゆっくりやっていいんだよ”って思ってくれる人もいる一方で、外の世界では35歳っていうと、みんな役職についてたりして。後輩もバリバリ育てて、そういう年齢なんだなって」

松本「私が感じるのは、30代になってスタッフさんの対応が変わってきたことかな(笑)」

内田「すごいわかる!(笑)“かまわれ方”が変わるよね。悪い意味じゃなくて」

松本「むしろ、これまでがかまわれすぎていたのかな。“もう大人なんだから”って安心されている感じがします」

 そんな2人が映画『ピンカートンに会いにいく』では、再結成を目指す元アイドルのアラフォーを熱演! 大人なら誰もが1度は感じたことがある“こんなはずじゃなかった”という思いを、優しくユーモアたっぷりに描き出す。