大貫勇輔と柿澤勇人

 ディズニーの名作映画をミュージカル化した超大作ミュージカル『メリー・ポピンズ』が、ついに来年3月、日本に初上陸。メリーの親友、バートをWキャストで演じる大貫勇輔さんと柿澤勇人さんに作品の魅力などを聞いた。

追い込み方がハンパじゃない(笑)

──本国スタッフによるオーディションを経て、バート役に決まった心境は?

大貫 すごく長期間のオーディションで、まず最終選考が終わったときは泣きました、僕。「やっと終わった~!」って。なんかわからないんだけど部屋を出た瞬間に涙が出てきて(笑)。

柿澤 そうだったんだ。

大貫 決まったときは「よし! やっとスタートラインに立てた」という感じで、グッと気が引き締まりました。

柿澤 僕も「もうこれで最後」って言われても「どうせまたあるんでしょ?」って、信じられませんでした(笑)。決まったときは「俺、ホントにやっちゃうんだ」って、正直思いましたね。22歳のときにNYで見てたんで。そのときはまさか自分がやるとは思ってなかったし、タップも踏んだことなかったんで。

──大貫さんはタップも経験はあるんですか?

大貫 2年前に1度、舞台で踏んだことがあるくらいなので、ほとんど初挑戦って言っていいくらい。大きなチャレンジですね。

柿澤 僕はタップシューズも持ってなかったから、最初は劇団四季の友人から借りてきてブカブカの靴で練習してた(笑)。

大貫 こう言ってるけど、決まってからの追い込み方がハンパじゃないよね(笑)。

柿澤 いやいやいや(笑)。

大貫 タップの先生が一緒なんですけど、僕に言ってくるんですよ。「柿澤さんがめっちゃレッスン来てる。超頑張ってる。メキメキ上達してる」って。

柿澤 アハハハハ!

大貫 「お! マジかよ」って。俺も焦りだした感じ。

柿澤 たまたま、その期間空いてて、今しかないなって思って頑張ったっていうか(笑)。まだまだなんで。